日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 私の「カラダ資本論」  > 健康にはゴルフと読書。趣味も「マンダラチャート」で真剣に
印刷

私の「カラダ資本論」

健康にはゴルフと読書。趣味も「マンダラチャート」で真剣に

リーダーシップコンサルティング岩田社長 第3回

 岩田 松雄=リーダーシップコンサルティング社長

 様々な分野で活躍する一流人が実践する健康マネジメント術を紹介する本コラム、今月ご登場いただいたのは、元スターバックス コーヒー ジャパンCEOで、リーダーシップコンサルティング社長の岩田松雄氏。最終回はストレスマネジメントに役立っているという、ゴルフと読書の楽しみについて紹介する。

 前回のコラムでは、運動とストレス発散のために、ゴルフを習慣にしていると話しました。ゴルフを覚えた当時は子どもがまだ小さかったので、「ゴルフに行く」と言うと、妻はあまりいい顔をしませんでした。そこで、スーツを着て仕事に行くふりをして、ゴルフに出かけたこともあります(笑)。今ではもう、快く送り出してくれますけどね。

[画像のクリックで拡大表示]

 ゴルフは現在、2つの楽しみ方をしています。1つは、気のおけない仲間同士、遊ぶ感覚でのプレーです。こちらはみんなでワイワイ言いながらコースを回ります。誰かがミスをすると盛り上がったり、勝った人が帰りに何かごちそうするルールになっているので、コンビニに寄ってアイスを食べたりと、まるで子どものように仲間と楽しみますね(笑)。

 もう1つは、お互いに切磋琢磨して競い合う、スポーツとしてのゴルフです。こちらでは「ナイスショット!」「ドンマイドンマイ!」などの声を掛け合い、途中にはゴルフ以外の無駄な雑談はほとんどしません。新しいクラブの話やラウンド後の反省会など、上達のために真剣に励まし合っています。

 ゴルフのおかげで公私のメリハリがつき、効果的なストレス発散になっています。

マンダラチャートでシングルプレーヤーを目指す

 遊び感覚のゴルフと、スポーツとしてのゴルフ、どちらもとても楽しいのですが、最近少し時間ができてきたので、これからは競技ゴルフのほうに力を入れたいと思っています。年始にシングルになる目標を立てて、それを実現するために「マンダラチャート」を作成しました。マンダラチャートは、ロサンゼルス・エンゼルスに入団を果たした、大谷翔平選手が高校時代に活用していた目標達成シートとして話題になったものです。

 まず、3×3のマス目を9つ集めた9×9のマス目の中央に、実現したい目標を記入します。次に、その周囲の8つのマス目に、目標達成に必要な要素を考えて書き込みます。さらに、その8つの要素を、周囲の3×3のマス目の中央に書き写し、それを実現するために必要な要素を周囲の8つのマス目に書いていきます。つまり、最も中央に記入した目標を達成するための具体的な方法が、マンダラのように放射状に広がっていくわけですね。

 大谷選手の場合は、最も中央に「ドラ1 8球団」、その左右には「メンタル」「スピード160km/h」、上下には「コントロール」「運」と記入していたそうです。さらに、「運」を中央にしたマス目の周囲には、「あいさつ」「部屋そうじ」「プラス思考」「本を読む」といった要素が書き込まれていました。

 私は最も中央に「ゴルフ ハンデ8」と記入。その周囲には「ドライバー」「コースマネジメント」といった要素を書き入れました。現在のハンディキャップは10 ですが、このマンダラチャートを活用して、今年中に8になって、シングルの目標を達成したいと思っています。こうして目標を持ち、趣味も真剣にやってこそ楽しいのだと思います。

1/3 page

最後へ

次へ

BACK NUMBERバックナンバー

バックナンバーをもっと見る

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 長年の悩み「腰が痛い」を解決する

    男女とも非常に多くの人が悩むのが「腰痛」だ。ぎっくり腰のように、痛みは強いが原因が分かりやすいものは対策しやすいが、問題なのは原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう慢性腰痛。長年にわたって悩む人も少なくない。だが、この10年で腰痛治療は大きく変わった。

  • 痛風・尿酸値の「そこが知りたい」

    多くの男性が気にする「痛風」、そして「尿酸値」。「プリン体を抑えた発泡酒などを選べばいい」「魚卵、レバーはダメ」など、いろいろな“常識”が知られているが、これらの常識がすべて正しいわけではない。

  • 放置は厳禁! 「脂肪肝」対策の新常識

    肝臓は生命維持に欠かせない臓器で、実にさまざまな機能を担っている。だが、肝臓は「沈黙の臓器」だけあって、肝機能関連の数値がちょっと悪くなったくらいでは症状は現れない。「とりあえず今は大丈夫だから…」と放置している人も多いかもしれないが、甘くみてはいけない。本テーマ別特集では、誰もが正しく知っておくべき「肝臓の新常識」をまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間
明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.