日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

スポーツ・エクササイズ

現役エージシューターの「山あり、谷あり、ゴルフあり!」

ゴルフは私にとって“病院”みたいなもの

第4回…「2020年の東京オリンピックに選手で出たい」【矢嶋正一さん】

 高橋健二=ノンフィクションライター

ゴルフを嗜む者であれば、生涯に一度は経験したいことが3つあるとされる。「ホールインワン」「アルバトロス」、そして「エージシュート」だ。偶然などによってもたらされることが多いホールインワンなどとは違い、自分の年齢よりも少ない数字のスコアで回るエージシュートは、真の腕前だとされる勲章の1つ。そして何より、70代、80代、90代…でゴルフができる「元気の証」でもある。ゴルフを始めた経緯も、その人生も様々。現役エージシューターから学ぶ「体のこと」「ゴルフの極意」をお届けする。川越市ゴルフ協会の会長を務める矢嶋正一さん(86歳)の第3回は「ゴルフ雑誌とテレビが私のスイングの先生」。

健康法も食事も運動も、特別なことは何もしていません

 86歳でエージシュートを374回達成して、現在も記録更新中の矢嶋正一さんは、サラリーマン時代、早くリタイアして定年後はゴルフ三昧の生活を送るのが夢だったという。それが、文字通り「正夢」になり、今は年間平均で70ラウンドを回り、そのほとんどでエージシュートを達成する日々を送っている。エージシュートを達成するには、単にゴルフが上手いだけでなく、健康でゴルフのできる体力をキープし続けることが大事になるのだが、矢嶋さんはどうやって健康と体調を維持しているのだろうか?

 「特別なことは何もしていません。ごく普通に生活しています」(矢嶋さん)

 そう言う矢嶋さんだが、その1日は、朝5時半の起床からスタートする。

 「朝は5時半に目が覚めます。それからテレビを見たりしながら時間をつぶし、6時半に朝食をとる。朝食はバターをつけたトーストとリンゴ半分、牛乳をコップ1杯。それにイチゴやパイナップル、ぶどうなどの果物を食べます。全部、自分で支度します」(矢嶋さん)

 実は、矢嶋さんは昨年、奥さまを亡くしている。朝食をパン食にしているのは、そのほうが食事の支度も後かたづけも簡単だという理由からだ。

 朝食が終わると、ゴルフに行く日はそのままコースに出かけ、昼食もゴルフ場のレストランでとる。

「好き嫌いはない」という矢嶋さん。ゴルフ場での昼食も完食だった
[画像のクリックで拡大表示]

初対面の人と回るといいスコアになるんです

 「前日の天気予報で、明日は晴れると分かると、すぐにゴルフ場に予約の電話を入れて、初対面の組に入れてもらうこともある。そんなときは、緊張していいラウンドになるんです。1度、初対面の人と回ったとき、その日は調子が悪くてけっこう叩いたら、昼食のときに『失礼ですが、ハンデは10くらいですか?』と言われました。このままの調子で回って、あとでハンデキャップボードを見て、東松山のハンデ1はたいしたことないなとか、あれでハンデ1なら、東松山のハンデはいい加減だなと思われたら仲間に申し訳ないと思って、後半は真剣にプレーしてなんとか面目を保ちました。そういう意味で初対面の人と回るのは緊張していいゴルフになることが多いんです」(矢嶋さん)

マイドクターで相談!

24h、健康相談と医療機関の案内

メンタルヘルス相談(時間制限あり)

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について