日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

スポーツ・エクササイズ

現役エージシューターの「山あり、谷あり、ゴルフあり!」

全部自己流!? 学校の砂場でバンカーショットの練習も

第2回…映画「社長シリーズ」を地でいく時代にゴルフに開眼【矢嶋正一さん】

 高橋健二=ノンフィクションライター

ゴルフを嗜む者であれば、生涯に一度は経験したいことが3つあるとされる。「ホールインワン」「アルバトロス」、そして「エージシュート」だ。偶然などによってもたらされることが多いホールインワンなどとは違い、自分の年齢よりも少ない数字のスコアで回るエージシュートは、真の腕前だとされる勲章の1つ。そして何より、70代、80代、90代…でゴルフができる「元気の証」でもある。ゴルフを始めた経緯も、その人生も様々。現役エージシューターから学ぶ「体のこと」「ゴルフの極意」をお届けする。川越市ゴルフ協会の会長を務める矢嶋正一さん(86歳)の第1回は「日本グランドシニア優勝! スゴ腕“元銀行マン”の飽くなき挑戦」、第3回は「ゴルフ雑誌とテレビが私のスイングの先生」で12月17日公開予定。

「お前は体がいいから予科練に行け」

 埼玉県川越市に住む矢嶋正一さん(86歳)は、川越市ゴルフ協会の会長を務める一方で、エージシュート回数が通算374回というスーパーシニアゴルファーである。

 矢嶋さんは1929年(昭和4年)6月7日、川越市内の農家に生まれた。終戦を迎えたのが旧制川越中学3年の夏。俗にいう「戦時少年」で、中学2年のときには担任から予科練(*1)に進むように指導されたという。

 「中学に入ったばかりの頃に、お前は体がいいから予科練に行けと勧められましてね。私が陸士に進みたいというと、お前の成績では陸士は無理だといわれました」(矢嶋さん)

 その後、旧制川越中学を卒業して早稲田大学に進み、1952年(昭和27年)に埼玉銀行(現りそな銀行)に入行した。ゴルフを始めたのは1958年(昭和33年)、都心の丸の内支店で渉外係として営業畑を走り回っていた頃である。

 「当時は高度経済成長期に突入したばかりで、とにかく企業の資金需要が旺盛な時代でした。企業は金を借りてモノを作ればいくらでも儲かった。だから、企業の経理課長や部長は銀行詣でが仕事みたいなものでした。銀行から金を借りるために、俗にいう接待ゴルフが始まったのもこの時代です」(矢嶋さん)

矢嶋さんはほとんど歩いてラウンドする。歩き方は競歩並みに速い
[画像のクリックで拡大表示]

 改めて1958年当時の世相を紹介すると、日本経済は年平均10パーセントという右肩上がりの高度成長期で、岩戸景気と呼ばれた時代。テレビ、電気洗濯機、電気冷蔵庫の“3種の神器”が庶民の憧れで、スーパーカブ、スバル360、日清チキンラーメンが売り出されて、東京タワーが完成した年だった。スポーツ界では大相撲の栃若(栃錦、若乃花)とプロレスの力道山がブームを二分し、長嶋茂雄が巨人に入団している。さらにフラフープやロカビリーが大流行し、「おーい中村君」(歌・若原一郎)、「星は何でも知っている」(歌・平尾昌晃)、「からたち日記」(歌・島倉千代子)などの流行歌が街に流れていた。

(*1)予科練:旧日本海軍の「海軍飛行予科練習生」

マイドクターで相談!

24h、健康相談と医療機関の案内

メンタルヘルス相談(時間制限あり)

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について