日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 現役エージシューターの「山あり、谷あり、ゴルフあり!」  > 82歳で年間150ラウンド、「クラブハウスが居間で、フェアウェイが庭です」
印刷

現役エージシューターの「山あり、谷あり、ゴルフあり!」

82歳で年間150ラウンド、「クラブハウスが居間で、フェアウェイが庭です」

第3回…ハンデ3.8の極意は「ダボは絶対に叩かない」【赤﨑俊美さん】

 高橋健二=ノンフィクションライター

ゴルフを嗜む者であれば、生涯に一度は経験したいことが3つあるとされる。「ホールインワン」「アルバトロス」、そして「エージシュート」だ。偶然などによってもたらされることが多いホールインワンなどとは違い、自分の年齢よりも少ない数字のスコアで回るエージシュートは、真の腕前だとされる勲章の1つ。そして何より、70代、80代、90代…でゴルフができる「元気の証」でもある。ゴルフを始めた経緯も、その人生も様々。現役エージシューターから学ぶ「体のこと」「ゴルフの極意」をお届けする。

ゴルフはお金持ちで暇のある人の遊びだと思っていた

 今年11月5日のラウンドで778回目のエージシュートを達成し、今も記録更新中の赤﨑俊美さん(82歳)は、1933年(昭和8年)に鹿児島県枕崎市で生まれた。カツオの水揚げとカツオ節の産地として知られる漁業の街に育ち、枕崎水産高校を卒業している。

 「高校時代はテニス部に所属していましたが、野球の試合があれば野球部に、卓球の大会があれば卓球部にと引っ張られて、いろんな試合に駆り出されました。部員が少なくて、掛け持ちが当たり前だったんです」(赤﨑さん)

 1952年に高校を卒業し、大洋漁業(現・マルハニチロ)に入社。長崎支社に配属される。

1952年に高校を卒業し、大洋漁業(現・マルハニチロ)に入社。長崎支社に配属される。「当時、ゴルフはお金持ちで暇のある人の遊びだと思って、あんな小さなボールを打って何が面白いんだろうという感じでしたね」(赤﨑さん)

 「初めに配属されたのは冷凍部という部署です。当時は沖縄の沖でマッコウクジラが獲れたんです。クジラの肉は体温のあるうちに冷やさないと真っ黒になる。製氷作業が追い付かなくて、残業時間が毎月250時間以上という時期もありました」(赤﨑さん)

 無論、この頃は自分がやがてゴルフをすることなど夢想だにしなかった。当時、会社では野球やソフトボールに興じ、ソフトボールは県大会にも出場したほどの強豪だったという。

 大洋漁業といえば、かつてプロゴルファーたちも一目置いたと言われるアマチュアゴルフ界のレジェンド、中部銀次郎を輩出した中部家がオーナーの会社である。だが、だからといって社内ゴルファーが多かったわけではないそうだ。

 「当時、ゴルフはお金持ちで暇のある人の遊びだと思って、あんな小さなボールを打って何が面白いんだろうという感じでしたね」(赤﨑さん)

 赤﨑さんがゴルフと出合ったのは40年前。42歳の頃である。友人から「ゴルフくらいはしないとこれからのサラリーマンは付き合いができないよ」と言われて始めたのがきっかけだった。

「飛ばし」の醍醐味にすっかり魅了された

 実際にゴルフをやってみると、これが意外に面白い。止まっているボールなど簡単に打てると、軽く考えていたが、練習場ではまったく当たらない。それが赤﨑さんの負けん気に火をつけた。やっと当たるようになってコースに誘われ、初ラウンドは62・58の120ぴったりだった。

ボールが遠くに飛んでいくゴルフの「飛ばし」の醍醐味にすっかり魅了されたことが、たちまち夢中になった理由でもある。

1/2 page

最後へ

次へ

BACK NUMBERバックナンバー

バックナンバーをもっと見る

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 長年の悩み「腰が痛い」を解決する

    男女とも非常に多くの人が悩むのが「腰痛」だ。ぎっくり腰のように、痛みは強いが原因が分かりやすいものは対策しやすいが、問題なのは原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう慢性腰痛。長年にわたって悩む人も少なくない。だが、この10年で腰痛治療は大きく変わった。

  • 痛風・尿酸値の「そこが知りたい」

    多くの男性が気にする「痛風」、そして「尿酸値」。「プリン体を抑えた発泡酒などを選べばいい」「魚卵、レバーはダメ」など、いろいろな“常識”が知られているが、これらの常識がすべて正しいわけではない。

  • 放置は厳禁! 「脂肪肝」対策の新常識

    肝臓は生命維持に欠かせない臓器で、実にさまざまな機能を担っている。だが、肝臓は「沈黙の臓器」だけあって、肝機能関連の数値がちょっと悪くなったくらいでは症状は現れない。「とりあえず今は大丈夫だから…」と放置している人も多いかもしれないが、甘くみてはいけない。本テーマ別特集では、誰もが正しく知っておくべき「肝臓の新常識」をまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間
明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.