日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

スポーツ・エクササイズ

現役エージシューターの「山あり、谷あり、ゴルフあり!」

シングルプレーヤーたちがたどる「老い」の苦労

第3回…80歳までモチベーションと体力をどう保つか【菅丈夫さん】

 高橋健二=ノンフィクションライター

ゴルフを嗜む者であれば、生涯に一度は経験したいことが3つあるとされる。「ホールインワン」「アルバトロス」、そして「エージシュート」だ。偶然などによってもたらされることが多いホールインワンなどとは違い、自分の年齢よりも少ない数字のスコアで回るエージシュートは、真の腕前だとされる勲章の1つ。そして何より、70代、80代、90代…でゴルフができる「元気の証」でもある。ゴルフを始めた経緯も、その人生も様々。現役エージシューターから学ぶ「体のこと」「ゴルフの極意」をお届けする。

最高ハンデ2、クラチャン6回でもエージシュートは2回のみ

 40歳代にして最高ハンデが2(現在のハンデは11.2)までになった菅丈夫さん(77歳)だが、実はこれまでにエージシュートを達成した回数は2回である。

 初めてエージシュートを達成したのは2012年6月16日のこと。74歳のときにハーモニーヒルズGC(栃木県・6179ヤード)においてIN35・OUT38のスコア73だった。2回目は今年2月22日にザ・ロイヤルオーシャン(茨城県・6300ヤード)で、IN39・OUT37の76で回り達成している。

前回の記事(「1年でシングルプレーヤーになれる練習と心得」)でもご紹介したように、スイングではインパクトの瞬間に「右ひざをスッと寄せる」をしっかり守っている菅さん。エージシューターはフィニッシュも若々しい。
[画像のクリックで拡大表示]

 シングルプレーヤーになることはもとより、エージシュートを達成することは全ゴルファーの憧れでもある。1回でも達成すれば、『持って瞑すべし』といっていい。しかし、ハンデ2まで上り詰め、かつ所属しているコースでシニアチャンピオンを通算6回も取っている菅さんの腕前を思えば、エージシュート2回とはやや物足りない気がする。

 その理由について菅さん自身の分析は後に綴るとして、実はエージシュートを達成している人を見ていると、若い頃にトップアマとして君臨していたゴルファーは意外に少ないのだ。

 私はこれまで、ゴルフライターとしてゴルフ専門誌に寄稿する傍ら、全国のエージシューターを集めた「エージシュートゴルフ大会」を、九州で過去に4回開催しているが、そこに参加したエージシューターたちに話を聞くと、ほぼ7~8割の人が「本格的にゴルフを始めたのは定年後」だと答えている。この連載で過去に登場した3人のエージシューターを見ても、いずれも定年後にゴルフを本格的に始めた人たちだった。それは偶然でもなければ、無論、恣意的に選んでリストアップをしたからでもない。

期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

マイドクターで相談!

24h、健康相談と医療機関の案内

メンタルヘルス相談(時間制限あり)

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について