日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

スポーツ・エクササイズ

現役エージシューターの「山あり、谷あり、ゴルフあり!」

77歳、ゴルフライフを支える「体ケア」

第3回…肩甲骨、股関節…、ドライバーで飛距離230ヤードを維持【金子勝男さん】

 高橋健二=ノンフィクションライター

ゴルフを嗜む者であれば、生涯に一度は経験したいことが3つあるとされる。「ホールインワン」「アルバトロス」、そして「エージシュート」だ。偶然などによってもたらされることが多いホールインワンなどとは違い、自分の年齢よりも少ない数字のスコアで回るエージシュートは、真の腕前だとされる勲章の1つ。そして何より、70代、80代、90代…でゴルフができる「元気の証」でもある。ゴルフを始めた経緯も、その人生も様々。現役エージシューターから学ぶ「体のこと」「ゴルフの極意」をお届けする。

「退職しても自由気ままに暮らさないほうがいい」

 去る8月2日、気温37度を超える猛暑日の中をラウンドして45回目のエージシュートを達成した金子勝男さん(77歳)。その1日は、7時半に起床して、そのまま入浴する“朝風呂”からスタートする。

 「リタイアを決めて元の職場に退任のあいさつに出向いた際に、本店の役員に2つのアドバイスをいただいたのです」(金子さん)

 1つは、40年間サラリーマンをやってきて僕らはそういう体になっているのだから、リタイアしたからといって自由気ままに暮らさないほうがいい。朝起きたらヒゲを剃ってシャキっとして、それから食事をとる。妻や孫の前で髪ボサボサの姿を見せない。

自家菜園で収穫したトマト、ナス、ゴーヤなどの夏野菜を手にする金子さん。エージシュートを目標にしたら、健康や食生活にも気を遣うようになった。
[画像のクリックで拡大表示]

 もう1つは、妻が家にいるときは電話に出るな。妻にも友だちがいて、家にかかってくる電話はほとんど妻宛てだから、そこで旦那が出ると相手が恐縮して電話をかけなくなり、妻が窮屈な思いをするようなる。

 「なるほどなあと思って、以後、家内がいるときは一切電話に出ないようにした。朝風呂に入ってヒゲを剃る習慣も、そのとき以来、1日も欠かさずに続けています」(金子さん)

ホームコースの中津川CCでも売っている「ヨーグルメイト」。腸内活性菌が多く、胃腸の調子は極めて良好だという。
[画像のクリックで拡大表示]

 朝風呂の後は、サラリーマン時代と同じようにきちんと着替えてから朝食をとる。

 「朝食は、私が家庭菜園で収穫した無農薬の野菜たっぷりのサラダとベーコンエッグ、パン、それとヨーグルトを必ず食べます。ヨーグルトは中津川CCのゴルフ仲間で、東大教授でもある向井由汎(よしひろ)さんが開発した『ヨーグルメイト』という製品です。腸内活性菌が通常のヨーグルトの10倍入っているというものです」(金子さん)

期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

マイドクターで相談!

24h、健康相談と医療機関の案内

メンタルヘルス相談(時間制限あり)

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について