日経グッデイ

現役エージシューターの「山あり、谷あり、ゴルフあり!」

91歳エージシューター、年間150ラウンドを支える「内助の功」

第2回…1日6食。結婚後、妻の仕事は「主人を太らせる」【植杉乾蔵さん】

 高橋健二=ノンフィクションライター

ゴルフを嗜む者であれば、生涯に一度は経験したいことが3つあるとされる。「ホールインワン」「アルバトロス」、そして「エージシュート」だ。偶然などによってもたらされることが多いホールインワンなどとは違い、自分の年齢よりも少ない数字のスコアで回るエージシュートは、真の腕前だとされる勲章の1つ。そして何より、70代、80代、90代…でゴルフができる「元気の証」でもある。ゴルフを始めた経緯も、その人生も様々。現役エージシューターから学ぶ「体のこと」「ゴルフの極意」をお届けする。

昨年、熱帯のタイでもゴルフを5連チャンでラウンド

 年間150ラウンドを61歳のときから30年も続けている植杉乾蔵さん(91歳)は、周囲から畏敬の念を込めて「万年青年」とか「怪物」「化け物」と呼ばれている。年間150ラウンドといえば、ほぼ1日おきにコースに出る計算だ。(前回記事:「エージシュート1300回、“球磨の怪物”は91歳!」)

 もちろん、予定していたラウンドが雨で流れたり、急な冠婚葬祭が入ったりしてキャンセルすることもある。そんなときには3連チャン、4連チャンでゴルフをしないと、年間150ラウンドには到達しない。それを植杉さんはやり続けてきた。

朝はパン食、昼はゴルフ場で麺類、夜はごはん、というのが植杉さんの一般的なパターン。 6つの基礎食品群からバランスよく1日30品目を毎日とる。筋肉の衰えを防ぐために、週に2回は必ず肉を食べることも欠かさない。
[画像のクリックで拡大表示]

 昨年、ゴルフ旅行でタイに行ったときは1週間で5連チャンしたという。90歳なのにである。「万年青年」「怪物」はともかく「化け物」は言いすぎだろうと思っていたが、1週間で5連チャン、それもあの暑い熱帯モンスーン気候の下でのプレーというのだから「化け物」という譬えがあながち大げさでないことがわかるだろう。

40歳当時についたあだ名が「三日月さん」

 しかし、植杉さんは若い頃から頑健な体をしていたわけではないそうだ。むしろ若い頃は病弱で、身長は165㎝なのに、体重は48㎏しかなかったという。

 「海軍機関学校に在籍していた頃は心身ともに丈夫そのものだった。ところが、兵隊から帰ってからは目標がなくなって心神喪失のような状態が長く続いた。40歳くらいまでは胃腸が弱くて食が細く、食べ過ぎると下痢をする。かぜをよくひいて、しょっちゅう医者通いをしていました」(植杉乾蔵さん)

 加えて営業マンならではの不規則な生活や、独り身で栄養のバランスも考えない食事、さらに仕事上のストレスもあったのだろう。胃潰瘍や大腸炎などの消化器系疾患を抱え、40歳当時についたあだ名が「三日月さん」。それくらいに痩せていたそうだ。

「結婚した私の仕事は、主人を太らせることでした」

 植杉さんが52歳のときに結婚した千枝子さんは、友人の紹介で最初に植杉さんと出会ったとき、「このままでは病気の看病ばかりになるのでは」と心配したほどだった。

40歳の頃の植杉さん。165㎝センチで48㎏しかなく、あまりにも痩せていたため「三日月さん」と呼ばれていた(写真右)。
[画像のクリックで拡大表示]

 「結婚した私の最初の仕事は、主人を太らせることでした。といっても急に体重を増やすと危険なので、徐々に増えるように計画を立てたうえ、食の細い主人が無理しないよう、1日の食事を6回に分けて食べてもらいました。通常の朝、昼、夕食のほかに、朝10時と午後3時、そして就寝前の23時に軽い食事を加えました。寝る前は胃にもたれないようバナナと牛乳にするなど、栄養のバランスも考え、10年かけて10㎏体重を増やす作戦を続けたのです」(千枝子さん)

 おかげで植杉さんが60歳になった頃には、体重が60㎏になり、現在もその状態を維持している。

 植杉さんの30年にわたる年間150ラウンド以上という超人的なゴルフ生活は、妻・千枝子さんによる栄養バランスと規則正しい食事時間を考慮した「肉体改造プロジェクト」からスタートしたのだった。

健康の秘訣は1日6食、30品目を取る

 「主人は、生野菜は固いといって食べないので、セロリやキャベツの芯、大根の葉っぱまでミキサーでジュースにするなどして、6つの基礎食品群(*)からバランスよく1日30品目の食品を毎日摂るようにしています」(千枝子さん)。さらに、紙パックの1L入り牛乳を3日で4本飲む(夫婦で)。朝食、夕食、そして就寝前の1日3回、コップ1杯ずつ飲む。特に寝る前の牛乳は骨粗しょう症予防のため。骨は夜、寝ている間に代謝し、再生しているというのは、科学的にも証明されている。

 元看護師で調理師の資格を持つ千枝子さんの目配りは、結婚後、食生活から体調管理にまで及び、文字通り“かゆいところに手の届く”甲斐甲斐しさ。今も植杉さんのエージシュートの記録更新を支えている。

 「味付けは薄味にしてありますが、全部を薄くするとまずくなるので、味にメリハリをつけ、魚や肉は濃い味で、野菜類はドレッシングか素材の味を楽しめるように調理しています。塩はほとんど使わず、酢や味噌、醤油、佃煮などで味付けをします。漬け物類は保存するために塩を濃くしてあるので、食べるときに塩抜きをして、カボスやレモン、酢、ショウガなどで味をつけて、極力薄味にして食べています」(千枝子さん)

6つの基礎食品群(*)
厚生労働省が作成した6つの食品群。すべての群から1日30品以上を選んで食べることを推奨している。1群:魚、肉、卵、大豆、大豆製品。2群:牛乳、乳製品、海藻、小魚。3群:緑黄色野菜。4群:淡色野菜。5群: 穀類、イモ類、砂糖。6群:油脂類、脂肪の多い食品。

「家内のおかげでエージシュートに挑戦がでくっとです」

 植杉さんに同行する千枝子さんもラウンド(ハンデ14)するから、2人はほぼ1日置きにゴルフ場のレストランで食事をする。だが、メニューにある料理は、ラウンドで汗をかいたゴルファー向けに塩分が強く、濃い味付けにしてすることが多い。そこまで考えて植杉家では塩分の量を抑えているのだという。

 「私が作るのは料理じゃありません。単なる栄養です。だから家では栄養をとり、料理は外でプロの料理人の作ったものをいただきましょうと言っています」(千枝子さん)。こういって千枝子さんは謙遜するが、実際にご馳走になった朝食は、お世辞抜きでおいしかった。

生活習慣の改善と日常の体調管理を一手に引き受けている妻の千枝子さん。ゴルフもハンデ14の腕前だ。
[画像のクリックで拡大表示]

 エージシュートが難しいのは、年々衰える体力をどう克服するかという大きな課題を乗り越える必要があるからだ。その体力面のサポートを千枝子さんは一手に引き受けている。植杉さんは、エージシュート1300回の秘訣を聞かれるたびに、次のように答える。

 「はい。それはもう家内が私の体調を考えながら毎日の食事を作ってくれ、日常生活を管理してくれているから、私の挑戦がでくっとです」(植杉さん)

 ただし、これほど細心の注意をして体調管理に努めていても、ちょっとした油断でケガをしたり、疾患を抱えたりすることが避けられないのが、エージシューター世代の体でもある。心身ともに元気なつもりでいても、知らず知らずのうちにそんな年齢に達している―。

 体をいつまでも元気に保ち続けるためにはどういたらいいのか? 万が一の事態に直面したときには、どのように対応すればいいのか? 次回、植杉さんの体験エピソードをご紹介していこう。



 次回(7月21日公開予定)は、『全治3カ月の骨折、「アイアンを杖にしてラウンドしました」』をお届けします。ぜひ、ご覧ください。