日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

スポーツ・エクササイズ

現役エージシューターの「山あり、谷あり、ゴルフあり!」

エージシュート1300回、“球磨の怪物”は91歳!

第1回…今も年間150ラウンド超、前人未到のゴルファー【植杉乾蔵さん】

 高橋健二=ノンフィクションライター

ゴルフを嗜む者であれば、生涯に一度は経験したいことが3つあるとされる。「ホールインワン」「アルバトロス」、そして「エージシュート」だ。偶然などによってもたらされることが多いホールインワンなどとは違い、自分の年齢よりも少ない数字のスコアで回るエージシュートは、真の腕前だとされる勲章の1つ。そして何より、70代、80代、90代…でゴルフができる「元気の証」でもある。ゴルフを始めた経緯も、その人生も様々。現役エージシューターから学ぶ「体のこと」「ゴルフの極意」をお届けする。

91歳!! エージシュート1千300回超の記録を今も更新中

 自分の年齢以下のスコアで回るエージシュートは、1回達成しただけでも周りのゴルファーからリスペクトされる。理由の1つは、体力の衰えが顕著になる70代半ばにならないと、エージシュートがなかなか達成できないからだ。そんな年齢との戦いを強いられるエージシュートを通算1300回以上も達成(6月23日現在1311回)し、今なお記録更新中のゴルファーがいる。

 植杉乾蔵さん、91歳。球磨焼酎で有名な熊本県人吉市が生んだ“スーパー翁”、究極のアンチエイジングゴルファーだ。

腰がきれいにターンし、左足に全体重が乗った植杉さんの見事なフィニッシュ。91歳とは思えない大きなスウィングアークから今なお180~200ヤード飛ばす。
[画像のクリックで拡大表示]

 「なあに、エージシュートは歳をとれば誰でもでくっとですよ」(植杉乾蔵さん)

 植杉さんはさも当たり前のように、笑っていう。確かに、年齢が上がるほどエージシュートを達成する可能性は高くなる訳だが、「歳を取れば誰でも…」というわけではないことは、改めて言うまでもない。

 植杉さんのエージシュートの記録は「コース名」「同伴競技者名」とともにパソコンで克明に記録されているが、1300回の内訳を年齢別にみると、初めてエージシュートを達成したのが71歳のとき。100回に到達したのが79歳、200回は81歳。さらに、85歳からは毎年100回以上のエージシュートを続け、91歳で1300回に到達している。100回に到達したのが丸8年かかったのに対し、次の100回はわずか2年、そして残りの1000回を10年間で達成している。

 言葉の意味は違えども、文字通り“歳の功”といえるだろう。

期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について