日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

スポーツ・エクササイズ

現役エージシューターの「山あり、谷あり、ゴルフあり!」

ゴルフの上達に欠かせない2つの目標設定

第3回…目標があれば「生活習慣」も「日常行動」も変えられる【大久保和男さん】

 高橋健二=ノンフィクションライター

ゴルフを嗜む者であれば、生涯に一度は経験したいことが3つあるとされる。「ホールインワン」「アルバトロス」、そして「エージシュート」だ。偶然などによってもたらされることが多いホールインワンなどとは違い、自分の年齢よりも少ない数字のスコアで回るエージシュートは、真の腕前だとされる勲章の1つ。そして何より、70代、80代、90代…でゴルフができる「元気の証」でもある。ゴルフを始めた経緯も、その人生も様々。現役エージシューターから学ぶ「体のこと」「ゴルフの極意」をお届けする。

85歳になっても年間ラウンド数は70回を超える

 これまでに通算350回のエージシュートを達成し(前回記事:「『庶務課の仕事』で知り合った終生のゴルフ仲間」)、今も記録を塗り替えている大久保和男さん(85)。その挑戦の足跡を振り返ると、エージシュート達成への近道が見えてくる。

 ゴルフのエージシュートは、「6000ヤード以上の18ホール」で達成されたものというのが共通の認識だ。しかし、その規定はいつ、誰が決めたのかとなると途端に曖昧になる。実はエージシュートについては、「ゴルフの総本山」といわれルール改訂などの決定権を持つ英国R&A(ロイヤル・アンド・エンシェントゴルフ・オブ・セントアンドリュース)もUSGA(全米ゴルフ協会)も全く関与しておらず、従って、実態は明文化なき規定ということになる。

残り150ヤードからの第2打、大久保さんが取り出したのは8番アイアンだった。理由を聞くと、「グリーンの右手前にあるバンカーはアゴが高く、入れるとダボもありうる。右バンカーに届かない8番で花道に運んでおけば悪くてもボギーではあがれます」。実際、花道から15mのアプローチはピンの手前1メートルに寄せて1パットのパー。考えるゴルフの真髄を見た思いがした。
[画像のクリックで拡大表示]

 冒頭にこんなことを説明したのは他でもない。大久保さんの350回のエージシュートのうち、259回は仙台郊外の富谷パブリックコースで達成されたものだからだ。富谷パブリックは距離が4910ヤード。つまり、6000ヤード以上という規定には満たないコースなのである。

 がしかし、だからといって大久保さんの350回の価値が下がるかというと、決してそんなことはない。大久保さんは85歳になった今も年間70回以上コースに出て、手引きのカートで歩いてラウンドしている。認めるべきはそのことなのである。同時に大久保さん自身は、「短いコースでエージシュートを出し慣れていたからこそ、6000ヤード以上の本コースでも楽にエージシュートが出せたのではないか」と振り返る。

期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について