日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

からだケア

深い呼吸はカラダを変える

呼吸法は体の内側を動かし、心を落ち着かせる最高の健康法

「腹式」と「胸式」、二つの呼吸法を実践してみよう

 

代謝が低く太りやすい、肩や首の凝りがひどい、顔のたるみが同年代の人より目立つ、イライラ、うつうつした気分になりやすい─。そんな悩みの背景に、「浅い呼吸」があるかもしれない。普段の「浅い呼吸」を「深い呼吸」へと導き、体と心を整えるのに役立つのが「呼吸法」。ストレスが多く、運動不足の現代人には、必要不可欠な健康法です。

「呼吸法」は、“心身を調整する健康法”

 無意識に行う普段の「呼吸」に対して、意識的に行うのが「呼吸法」。「呼吸」が、酸素を取り入れ、二酸化炭素を排出する“生きるためのもの”としたら、「呼吸法」は、“心身を調整する健康法”だ。

 雪谷大塚クリニックの雨宮隆太院長は、「呼吸法は、体幹部にある体の内側の筋肉をしっかり動かす“運動”。武道の基本として、体の動きとともに呼吸法が取り入れられるのは、体の内側と外側を連動させ、体幹部の動かし方を会得するため」と語る。だから、体の動きを組み合わせた呼吸法に、ダイエット効果が期待できるのは当然だという。

 さらに、呼吸法は若々しい姿勢を保つのにも役立つ。「姿勢を支える抗重力筋の多くは運動時に呼吸を補助する筋肉。中でも背すじを立てるのに重要な脊柱起立筋(せきちゅうきりつきん)は、呼吸をサポートする。呼吸法を行うことで、脊柱起立筋が刺激され、姿勢が良くなる」(雨宮院長)。

 また、呼吸法の最大のメリットは、私たちの内臓や血管の働きをコントロールする自律神経の調整をすること。そのため、便秘や冷えといった不調の改善にも効果的なのだ。

呼吸法の5大効果

 古今東西さまざまな呼吸法があるが、初心者でもできる腹式呼吸や胸式呼吸でも、実に多くの効果が期待できる。

1.心が落ち着く

 これは、呼吸法を行っている多くの人が実感する効果として挙げている。呼吸と脳は非常に密接で、リラックスに関わる脳内物質「セロトニン」の効果ともいわれている。

2.若々しい姿勢になる

 脊柱起立筋は、呼吸に関わる筋肉であり、姿勢を保つ筋肉でもある。そのため、呼吸法でしっかり呼吸に関わる筋肉を使うと、いい姿勢を保ちやすくなる。

3.肩こり、首こり改善

 呼吸には、肩や首の筋肉も働いている。呼吸法を行うと、肩や首の筋肉もしっかりストレッチされる。また、呼吸法には血流を良くする作用も期待できる。

4.代謝アップ・ダイエット

 呼吸とともに、お腹を大きく伸び縮みさせ、呼吸に関わる筋肉に強く作用して筋トレ効果を得ることも。代謝も上がるロングブレスダイエットでよく知られるようになった効果だ。

5.自律神経を整える

 呼吸法の一番のメリットがこれ。長くゆっくり吐くことで、自律神経が整う。自律神経は内臓や血管の働きをコントロールしているため、腸の調子が良くなったり、冷えも改善する。

期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について