日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

ダイエット・食生活

朝の抹茶ダイエット

「朝はパン派」の人にお薦めの抹茶ダイエットレシピ

乳製品や卵、小麦粉などを組み合わせて苦みを抑える

 

ドリンクやお菓子などのフレーバー・テイストとしておなじみの “抹茶”。実は、朝から飲めばダイエット効果が期待できる“スーパーお茶”なんです。「八十八夜」を過ぎて、新茶が出回り始めているこの季節。抹茶に乳製品や卵、小麦粉などを組み合わせると苦みが控えめになります。抹茶の量は色や味をみながら好みで調節を。今回は抹茶の基礎知識とともに、朝食はパン派だという人に向く、4つのレシピを紹介します。

知っているようで知らなかった抹茶の基礎知識

抹茶と普通のお茶は何が違うの?

実は木の種類は同じ。栽培方法と加工方法が違う。

[画像のクリックで拡大表示]

 抹茶も普通のお茶も基本的に同じお茶の木から作られる。抹茶の場合、4月初旬に新芽が出始めると覆いをかけ、甘みとうまみを増やし、色鮮やかにする。5月上旬から約1週間で摘む“一番茶”が多い。摘み取った葉は発酵を止めるために蒸すが、葉を揉む工程はなく、色鮮やかなまま仕上げる。

[画像のクリックで拡大表示]
日経Gooday マイドクター 登録初月は無料!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について