日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

スポーツ・エクササイズ

燃やす!通勤ながら運動

立ってよし、寝てよし! 自宅でも「ながら運動」で痩せ習慣を

6つのメソッドを活用すれば自宅が「ながらジム」に早変わり!

 

お腹は気になるが、運動する時間のとれない忙しい人向けなのが通勤や仕事時にできる「ながら運動」だ。ちょっとした工夫で消費カロリーを増やして、引き締められる。無理なく運動しよう! 今回は、自宅にいる時間を運動の時間にチェンジ。家事をしながら、歯を磨きながら、就寝前にも…。家にいてもすぐに運動になるチャンスを自分で見つけていこう!

家事はながら運動の絶好のチャンス!

 今回はビジネスパーソンの「ながら運動」の最終回、自宅編。家で過ごす時間も、ちょっとした工夫で運動になるという提案をしよう。「家事はながら運動の絶好のチャンス。男性も面倒がらずに積極的に取り組むべき」とは、フィットネス研究所の長野茂代表。

 家電のハイテク化が進み、どんどん便利になるばかりだが、「自動食器洗い機、お掃除ロボットを使ってしまえば消費カロリーはゼロ。ローテクの方が、体を鍛えながらエコにも節電にもなる」(長野代表)。ほかにも、洗車や草むしりなど自分で運動のチャンスを見つけてどんどん活用していきたい。ここでは、自宅にいる間の「立つ」「寝る(=横になる)」ときを活用して、ながらでできる6つのメソッドを紹介しよう。

一歩踏み出し ねじり掃除

 片足を一歩踏み出し、バランスをとりながら前を掃除する。さらに上体だけねじって左右を掃除する。脇腹、太ももなどに効く。

[画像のクリックで拡大表示]

ゴミ拾いスクワット

 背すじを伸ばしたまま、片足を半歩前に出し、ゆっくり2秒かけてしゃがみ、ゆっくり2秒かけて立ち上がる。洗濯物干しなどの際にも。

[画像のクリックで拡大表示]
期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について