日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

スポーツ・エクササイズ

EXILE式コアメソッドでやせる!

EXILE式! 背中からコア(体幹)を鍛える

メソッド3:背面のコアを刺激、スペシャルメソッドも取り入れよう!

 

もっと腹を引き締めたい人は、体のコア(体幹)の力を高めよう。人気グループのEXILEの公式トレーナーで、プロのアスリートたちも指導する、PCP代表・パーソナルトレーナーの吉田輝幸さんによるサイクルトレーニングを紹介。今回はその第3回。体の「背面」からコア(体幹)にアプローチする。

肩と背骨の動きに関わる筋肉を鍛える!

[画像のクリックで拡大表示]

 体の背面にあるコアを整えていく。肩の周りの骨格の動きにかかわる「僧帽筋(そうぼうきん)」と「広背筋(こうほいきん)」、背骨の動きにかかわる「脊柱起立筋(せきちゅうきりつきん)」など、背中の要となる筋肉をほぐし鍛えて、コア(体幹)の力を高めていく。

 背面のコアが強化されてくると、姿勢が整い、腹のへこみを後ろから支えられるようになる。背面を反らす、ねじるなどの動きが多いので、腰痛がある場合は、十分に体をほぐしてから取り組もう。


コアの中でも重要な「骨盤」と「肩」の周りを、背面から鍛えよう!

ここから紹介する3のメソッドを、1から順に1セットずつ行っていこう。

1.スコーピオン 不足がちな足腰の背面を大きく動かす

 脚を背面に上げて、さらに腰を回旋させることで、大殿筋をはじめ、腹部の腹斜筋と腸腰筋(ちょうようきん)、腰の深部にある腰方形筋を鍛える。「スムーズに動かせるようになれば、腹部や背中のコアがかなり鍛えられてきた証拠」(トレーナーの吉田輝幸さん)。右脚と左脚で動きに違いがあれば、動かしにくい側を重点的に。

[画像のクリックで拡大表示]
期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について