日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

スポーツ・エクササイズ

EXILE式コアメソッドでやせる!

EXILE式! コア(体幹)メソッドで骨格筋の土台を作る

メソッド1:体の前面からコアを鍛える

 

せり出した腹を引き締めたい人は、体のコア(体幹)の力を高めよう。人気グループのEXILEの公式トレーナーで、プロのアスリートたちも指導する、吉田輝幸さんのサイクルトレーニングを紹介。今回はその第1回。体の「前面」からコア(体幹)にアプローチします。

コア(体幹)を鍛えて体の土台を作る

 「コアトレーニング」と聞くと、プロのアスリートが実践する難しいメソッドだと思うかもしれないが、メタボが気になる人にこそ最適なエクササイズなのだ。

 有酸素運動などの強いトレーニングで鍛える筋肉が家の「外壁」だとすれば、コアトレーニングは家の「土台」になる筋肉を鍛えることにあたる。

 「体のファンダメンタル(土台)を強くすることは、体を動かす能力も底上げする。引き締まった腹を維持するにも必要」とは、パーソナルトレーナーでPCP代表の吉田輝幸さん。吉田さんのメソッドによって、体の「前面」「側面」「背面」からコアにアプローチしていこう。

コア(体幹)ってなに?

[画像のクリックで拡大表示]

 エクササイズの用語の一つに、「コア(体幹)」という言葉があるが、その定義は実はあいまいだ。

 一般的には腹腔部分にある筋肉群を指すことが多い。今回、吉田さんによるコアへのアプローチは、肩から骨盤にかけての骨格全体(ファンダメンタル=土台)をコアと考えて、3つのメソッドで鍛えていく。


鍛えるのはココ!

[画像のクリックで拡大表示]

 体の前面にあるコア(体幹)に働きかけて、安定した骨格の土台を作る。コアを構成する深層部にある筋肉を、動かしやすい大きな筋肉と連動させながら鍛えていく。

 まずは「ドローイン」で胸郭を大きく動かす感覚をつかんだら、胸前の大胸筋や腹部の腹横筋、股関節の前部につながる大腿四頭筋のエクササイズに進む。

 体の前を動かしながら、背面の「脊柱起立筋(せきちゅうきりつきん)」や「大殿筋(だいでんきん)」も刺激してくれる。


期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

マイドクターで相談!

24h、健康相談と医療機関の案内

メンタルヘルス相談(時間制限あり)

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について