日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

医療・予防

がんに負けない患者力

がんで苦しいときは、自分の価値観を疑問視してみる

『青い鳥』や『星の王子さま』に込められているメッセージとは

 鳶巣賢一=都立駒込病院院長

がんの病状は個人差が大きく、治療法が複数あり、さらに患者一人ひとりの価値観も異なります。がんと診断された直後から、患者は自分の病気を理解し、さまざまな情報を取捨選択する人生が始まります。自身も肺がん患者である、日経BP社の山岡鉄也が、がんと向き合った人々に話を聞き、後悔しない人生を送るためのヒントを紹介していきます。

 前回(「がん治療で悩んだとき、相談相手は医師以外でいい」)は、「チーム医療」に力を入れている、都立駒込病院院長の鳶巣賢一さんに、チーム医療とは何か、チーム医療によって患者さんにどんなことがもたらされるかについて聞きました。今回は、病気やケガの療養中に、患者が抱えるいろいろな「つらさ」について話を聞きます。がん医療では、診断された初期から終末期まで「トータルペイン」として苦しみや痛みに対処します。鳶巣さんは、どんなに忙しくても、患者が心から納得し、現状に幸せや満足感を持てるような対話を心がけていると話します。

4種類の痛みが絡み合うから気持ちが苦しい

がんに限らず、どんな病気やケガでも、患者はさまざまなつらい思いを抱えています。体の痛みや不快な症状は治療で取り除いたり、和らげたりすることができますが、気持ちのつらさに対しては、どのようなサポートを受けられますか。

鳶巣 それにはまず、苦痛について説明しましょう。世界保健機関(WHO)は、人間には「身体的苦痛」「社会的苦痛」「心理的苦痛」「スピリチュアル的苦痛」の4種類の苦痛があるとしています。

 「身体的苦痛」とは、体の痛みや不快な症状のほか、日常生活の動作が思うようにできない状態のことです。「社会的苦痛」とは、仕事ができない、家庭で父親や母親としての役割を果たせない、経済的に厳しいなどの問題がある状態のことです。

 「心理的苦痛」とは、不安やうつ状態、怒りや孤独感など、気持ちのエネルギーが下がっている状態です。最後に「スピリチュアル的苦痛」とは、「どうして私ばかり、こんな目に遭うのか」「私はもう生きている価値がない」など、生きることや苦しみの意味を問う、死の恐怖にさいなまれるなどの状態です。

 これらの4種類の苦痛は、それぞれが影響しあっています。医療では、これらの苦しみや痛みを「全人的苦痛(トータルペイン:Total Pain)」ととらえ、診断後から「緩和ケア」の対象として診ていきます。

続きは日経Gooday会員に登録するとすぐご覧いただけます。

期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について