日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

医療・予防

がんに負けない患者力

林和彦「緩和ケアとは、がんであることを忘れられる時間をつくること」

がんについてネット検索する時間があれば、家族は患者と過ごしてほしい

 林 和彦=東京女子医科大学 がんセンター長

がんの病状は個人差が大きく、治療法が複数あり、さらに患者一人ひとりの価値観も異なります。がんと診断された直後から、患者は自分の病気を理解し、さまざまな情報を取捨選択する人生が始まります。自身も肺がん患者である、日経BP社の山岡鉄也が、がんと向き合った人々に話を聞き、後悔しない人生を送るためのヒントを紹介していきます。

 前回は、東京女子医科大学病院がんセンター長である林和彦さんに、がんになったときの病院の選び方、そして、“名医”ではなく、患者さんに寄り添う“良医”に出会うことの大切さを聞きました(インタビュー前編「がんに名医はいない。でも良医はいる」)。

 がんと診断されたときに知っておきたいことは、さまざまありますが、「緩和ケア」(*)についての知識もその一つです。林さんは「緩和ケアを受けることで、患者さんは生きる活力を取り戻せる」と話します。また、患者家族には「ご家族にしかできない時間の使い方をしてほしい」とアドバイスしています。

*緩和ケア:時期や病期(ステージ)に関係なく、がんに伴う痛みや不快な症状、心のつらさを軽減させるケアのこと。

「緩和ケア医は、“暗いトンネルを知り尽くしたガイド”です」

「緩和ケア」とは、どんな治療法ですか。緩和ケアは「もう、がんを治せなくなり、これ以上の治療法がない終末期の治療」とされていましたが、今は違うのでしょうか?

林和彦さん/「緩和ケア医は、“暗いトンネルを知り尽くしたガイドです”」

 緩和ケアとは、がんによる痛みやだるさなどの体のつらさ、「どうして、がんになったのか」という落ち込みや悲しみ、仕事ができないなどの心のつらさを軽減させるために行われるものです。

 確かに以前は、終末期の患者さんを対象としていましたが、2002年にWHO(世界保健機関)が方針を変更し、いまでは、「がんと診断されたとき」、つまり、治療の初期から緩和ケアを始めるようになりました。

 緩和ケアのメリットは、症状を取り除いたりやわらげたりすることだけでなく、それらによって治療効果も上がることです。体調が上向きになることで、食欲が出て食事ができるようになると、患者さんは生きる活力を取り戻せるようになります。病気と100%の力で向き合えるわけです。


緩和ケアは、以下のようながんのつらさを取り除いたり、やわらげたりする。

  • 体のつらさ…「息が苦しい」「咳が止まらない」「お腹が張る」「体がだるい」「何もしたくない」「うまく排尿できない」「体のあちこちがむくむ」「吐き気がする」「食欲がない」「しゃっくりが止まらない」など
  • 心のつらさ…「どうして、こんな病気になったのか」「このまま、生きていくことがつらい」「父親母親の役割ができない」など

痛みやつらい症状は、体だけでなく心も支配するので、それらを取り除いて、元気を取り戻そうということですね。緩和ケア医は、どのようなサポートをしてくれるのでしょうか。

 緩和ケアとは、がんに対して手術や薬物治療といった技術を施す分野ではなく、「がんだけでなく、患者さん全体を見る」という医療における“理念”でもあると私は考えています。

 緩和ケア医は、「がん闘病」という暗いトンネルのなかで、灯りを照らすためのガイドの役割を担っています。

期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について