日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > バドミントンを楽しく学んでうまくなる! 小椋久美子の基本レッスン  > ハイバックの基本レッスン
印刷

バドミントンを楽しく学んでうまくなる! 小椋久美子の基本レッスン

ハイバックの基本レッスン

第11回 リストを立ててラケット面にシャトルを「パチッ」と当てる

 バドミントン・マガジン(ベースボール・マガジン社)

単複ともにラリーのなかで打つ機会が多いハイバック。バックハンドに自信がない人は、打点が高いため、難しいイメージを持つかもしれませんが、基本さえしっかり押さえておけば安定して打つことができますよ!

基本をチェック! シャトルの下に入り、肩→ヒジの順に始動

 ハイバックを打つときに一番ありがちなミスは、遠くに飛ばそうとして力みすぎてしまうこと。グリップをガチガチに握り込んだり、必要以上に足に力が入ると肝心のインパクト時に力が入らず、飛距離は生まれません。スイング開始まではリラックスしてシャトルの下に入り、打つ瞬間に腹筋に力を込めましょう。また、ラケットを振り出す前は肩を内側に絞ることも意識してください。

[画像のクリックで拡大表示]

 カカトから踏み込んで体幹がブレないようにしながら、肩→ヒジの順にスイングを始動。インパクト時にはリストをしっかり立てて、ラケット面にシャトルを「パチッ」と当てるイメージでスイングしましょう。ヒジ先からのしなりを意識すると、スイングスピードも速くなります。

[画像のクリックで拡大表示]
《オグPOINT!》
踏み込みの力を上半身につなげる

 ハイバックは一般的に、相手に背中を向けた状態で打ちます。ここで意識したいのは、シャトルの落下地点に素早く入り、足の踏み込みの力を利用して打つこと。

 踏み込みが甘いまま上半身や腕の力だけで打ちにいくと、体がすぐに開いてしまいます(インパクト時に体半分が相手に向いた状態)。踏み込んだ後の上半身は「沈み込みすぎない、反りすぎない」、そして「開きすぎない」ことが大切。

 打点やパワーを意識する前に、まずは、もっともスムーズにスイングできる上半身の形を見つけ出し、何度も同じフォームでラケットを振れるようにしましょう。

1/4 page

最後へ

次へ

BACK NUMBERバックナンバー

バックナンバーをもっと見る

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 長年の悩み「腰が痛い」を解決する

    男女とも非常に多くの人が悩むのが「腰痛」だ。ぎっくり腰のように、痛みは強いが原因が分かりやすいものは対策しやすいが、問題なのは原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう慢性腰痛。長年にわたって悩む人も少なくない。だが、この10年で腰痛治療は大きく変わった。

  • 痛風・尿酸値の「そこが知りたい」

    多くの男性が気にする「痛風」、そして「尿酸値」。「プリン体を抑えた発泡酒などを選べばいい」「魚卵、レバーはダメ」など、いろいろな“常識”が知られているが、これらの常識がすべて正しいわけではない。

  • 放置は厳禁! 「脂肪肝」対策の新常識

    肝臓は生命維持に欠かせない臓器で、実にさまざまな機能を担っている。だが、肝臓は「沈黙の臓器」だけあって、肝機能関連の数値がちょっと悪くなったくらいでは症状は現れない。「とりあえず今は大丈夫だから…」と放置している人も多いかもしれないが、甘くみてはいけない。本テーマ別特集では、誰もが正しく知っておくべき「肝臓の新常識」をまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間
明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.