日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

スポーツ・エクササイズ

バドミントンを楽しく学んでうまくなる! 小椋久美子の基本レッスン

ハイバックの基本レッスン

第11回 リストを立ててラケット面にシャトルを「パチッ」と当てる

 バドミントン・マガジン(ベースボール・マガジン社)

単複ともにラリーのなかで打つ機会が多いハイバック。バックハンドに自信がない人は、打点が高いため、難しいイメージを持つかもしれませんが、基本さえしっかり押さえておけば安定して打つことができますよ!

基本をチェック! シャトルの下に入り、肩→ヒジの順に始動

 ハイバックを打つときに一番ありがちなミスは、遠くに飛ばそうとして力みすぎてしまうこと。グリップをガチガチに握り込んだり、必要以上に足に力が入ると肝心のインパクト時に力が入らず、飛距離は生まれません。スイング開始まではリラックスしてシャトルの下に入り、打つ瞬間に腹筋に力を込めましょう。また、ラケットを振り出す前は肩を内側に絞ることも意識してください。

[画像のクリックで拡大表示]

 カカトから踏み込んで体幹がブレないようにしながら、肩→ヒジの順にスイングを始動。インパクト時にはリストをしっかり立てて、ラケット面にシャトルを「パチッ」と当てるイメージでスイングしましょう。ヒジ先からのしなりを意識すると、スイングスピードも速くなります。

[画像のクリックで拡大表示]
《オグPOINT!》
踏み込みの力を上半身につなげる

 ハイバックは一般的に、相手に背中を向けた状態で打ちます。ここで意識したいのは、シャトルの落下地点に素早く入り、足の踏み込みの力を利用して打つこと。

 踏み込みが甘いまま上半身や腕の力だけで打ちにいくと、体がすぐに開いてしまいます(インパクト時に体半分が相手に向いた状態)。踏み込んだ後の上半身は「沈み込みすぎない、反りすぎない」、そして「開きすぎない」ことが大切。

 打点やパワーを意識する前に、まずは、もっともスムーズにスイングできる上半身の形を見つけ出し、何度も同じフォームでラケットを振れるようにしましょう。

期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

マイドクターで相談!

24h、健康相談と医療機関の案内

メンタルヘルス相談(時間制限あり)

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について