日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

スポーツ・エクササイズ

バドミントンを楽しく学んでうまくなる! 小椋久美子の基本レッスン

バックハンドサービスの基本レッスン

第10回 ヒジから先は動かさないように意識しながら打つ

 バドミントン・マガジン(ベースボール・マガジン社)

サービスにも複数の種類があり、それぞれに特徴がありますが、そのなかでも使用する頻度が高いのがバックハンドサービス。基本をしっかりと押さえれば安定感のある打ち方が身につきます。難しく考えず、まずはコンパクトなスイングから始めましょう!

基本をチェック! フォームを覚えよう

 バックハンドサービスはテークバックが小さいため、フォアハンドよりも安定したサービスが打てます。ただし、打つときに体が動いたり、肩や腕がブレたりすると正しくインパクトできないので、ヒジから先は動かさないように意識しながら打ってください。

[画像のクリックで拡大表示]
シャトルの持ち方
[画像のクリックで拡大表示]
《オグPOINT!》
サービスはメンタルが重要

 サービスを正確に入れるには安定したフォームやタイミングが大事ですが、何より重要なのはメンタルです。よいサービスを打つことを意識しすぎると、かえって力んでシャトルが浮いたり、相手にタイミングを合わせられてプッシュされてしまいます。

 ネットすれすれの沈むようなサービスを打つことは理想ですが、毎回打てるわけでもありませんし、ましてやサービス1球でラリーが終わるわけでもありません。

 サーバーは、サービスの質や構える時間、相手との“間”を考えつつ、3球目以降のプレーもイメージして練習に取り組みましょう。

期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

マイドクターで相談!

24h、健康相談と医療機関の案内

メンタルヘルス相談(時間制限あり)

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について