日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

スポーツ・エクササイズ

バドミントンを楽しく学んでうまくなる! 小椋久美子の基本レッスン

クリアーの基本レッスン

第5回 フットワークを使いシャトルが頭の前にある状態に

 バドミントン・マガジン(ベースボール・マガジン社)

前回はプッシュ&レシーブについて、基本ポイントなどをご紹介しました。普段の練習での成果はいかがでしょうか? 今回のテーマはクリアーです。有利なラリーを展開していくために必要なショットの1つですから、確実に打ちこなせるようになってくださいね!

基本をチェック! クリアーを奥までしっかり飛ばそう!

正面から

 クリアーは相手のコート奥まで高く飛ばすショットなので、大きな力が必要になります。し かし、遠くに飛ばそうと意識しすぎて力んでしまうと、力はスムーズにシャトルに伝わりません。ポイントは、打つ前までリラックスした状態をつくり、打つ瞬間に力を込めてスイングすること。振り出してからヒジ、手首をしっかり使うとスイングスピードが上がって飛距離が伸びます。

[画像のクリックで拡大表示]

横から

 クリアーの打点は頭・体の少し前。頭の真上や後方で打ってしまうと遠くに飛ばないので、フットワークを使ってシャトルが頭の前にある状態をつくりましょう。インパクト後は、体全体を使って前に押し出すように動きます。打った後でその場にとどまったり、上に向かって跳んでも飛距離が出ません。前に出ることを忘れないように!

[画像のクリックで拡大表示]
《オグPOINT!》
打球後にコートの真ん中に戻るなど、動きをつけて打つ

 試合ではコートのなかを縦横無尽に動かされ、フォームが崩れた状態で打つことも少なくありません。

 基本打ちの練習では“クリアーが来る”とわかっているので止まった状態で打ってしまいがちですが、打ったらコートの真ん中(ホームポジション)に戻るなど、毎回動きをつけながらクリアーを打ちましょう。

 また、頭・体のブレがミスショットにつながるので、体幹部分―とくに腹筋―に力を入れて打つこと意識してください。

期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

マイドクターで相談!

24h、健康相談と医療機関の案内

メンタルヘルス相談(時間制限あり)

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について