日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

スポーツ・エクササイズ

バドミントンを楽しく学んでうまくなる! 小椋久美子の基本レッスン

プッシュ&レシーブの基本レッスン

第4回 「リズム」と「重心のコントロール」を意識する

 バドミントン・マガジン(ベースボール・マガジン社)

前回はドライブの基本ポイントやオススメの練習法をご紹介しましたが、しっかりと理解していただけましたか? 実戦でミスなく正確に打つためには、やはり日頃の練習で数多く打って感覚をつかむことが大切です。引き続き今回はプッシュ&レシーブをテーマにレッスンをお届けしましょう!

基本のチェックでプッシュ&レシーブをミスなく打つポイントをつかもう!

プッシュ

 プッシュを打つときは大振りにならないように、コンパクトなスイングを心がけましょう。とくにヒジを後ろに引き過ぎると、タイミングがとれずに打ち損じてしまったり、角度がつかなくなってしまいます。ヒジを引いて大きくテークバックをとるのではなく、手首をコンパクトに引いてタイミングをはかり、ラケットを後ろから押し出すように打ってください。

[画像のクリックで拡大表示]

レシーブ

 レシーブは、おもにバックハンドで返球することが多いので、自分でバックハンドを打つ範囲を決めておき、いつでも体の前で打てる準備をしましょう。また、体の近くで打ってしまうと、強いレシーブが打てません。小さくてもかまわないのでテークバックをとり、コンパクトに振り抜いてください。自分の打ちやすいポイントを早めにつかんでおくだけでもコントロールしやすくなります。

[画像のクリックで拡大表示]
日経Gooday マイドクター 会員限定記事が読み放題! 登録初月は無料! 登録は今すぐ!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について