日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > バドミントンを楽しく学んでうまくなる! 小椋久美子の基本レッスン  > ドロップ&カットの基本レッスン
印刷

バドミントンを楽しく学んでうまくなる! 小椋久美子の基本レッスン

ドロップ&カットの基本レッスン

第2回 効果的に決めるための「ラリーでのスピード」の考え方

 バドミントン・マガジン(ベースボール・マガジン社)

前回は、「練習に対する考え方」についてお話ししました。今回からは各ショットの基本ポイントやおすすめの練習方法などを紹介していきます。テーマはドロップとカットです。ぜひ参考にしてください。

ドロップ&カットの基本をチェック!

ドロップ~スマッシュやクリアーに組み合わせ、スピードに緩急をつける

 ドロップは相手を前に動かすために必要なショット。球のスピードは速くありませんが、スマッシュやクリアーと組み合わせることで、ラリーにスピードの緩急を生み出すことができます。

 シングルスでは決め球になることもありますが、ダブルスでは相手の態勢を崩すための球、またはつなぎの球としてよく使われます。

 とくに攻撃で使うドロップは、スマッシュやクリアーと同じフォームで打つと相手の足を止めるフェイント効果があるので、基本練習のときからフォームを意識しましょう。

[画像のクリックで拡大表示]

カット(リバースカット)~ラリー中の「スピード」と「長さ」に変化が生まれる

 カットはドロップに比べてスピードやキレがあり、シャトルも浮かず鋭角にコートに入ってきます。球足が長いので相手を大きく動かす球ではありませんが、カットを打つことでラリー中の「スピード」と「長さ」に変化が生まれます。

 とくにダブルスでは、スマッシュとドロップにカットが加わると、レシーブ側は“守備のリズム”を微妙に乱され、後々のレシーブミスにつながります。

 また、スマッシュで相手が後ろに下がったときなどにカットを打つと、甘い返球が来ることも多いものです。

[画像のクリックで拡大表示]
≪オグPOINT!≫ 素早いフットワークと打点の意識

 効果的なドロップとカットを打つためのポイントは、打点とフォームです。自分にとって一番打ちやすく、より高い打点でシャトルを当てることができれば、ショットの角度やコントロールが安定します。

 逆に、体がブレてフォームが崩れたり、打点が低くなったりするとショットが不安定になり、単純なミスが増えます。より高い打点、そしてフォームを安定させるために、まずはシャトルの下にいち早く入ることを意識しましょう。

 ドロップ&カットとフットワークを別々に考えるのではありません。よいショットを打つために、まずはフットワークを素早くすることが大切なのです。

1/5 page

最後へ

次へ

BACK NUMBERバックナンバー

バックナンバーをもっと見る

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 突然死を招く「高血圧」 “少し高め”でも放置は危険!

    日本人の40代男性の約3人に1人、50代男性では約3人に2人が該当するといわれ、女性でも更年期以降に増加する「高血圧」。「少し高いだけだから」と思って対策を先延ばしにしていると、血管の老化が進み、脳卒中や心筋梗塞などの命にかかわる合併症を引き起こすほか、ヒートショックによる突然死などの原因にもなる。高血圧はなぜ怖いのか。そして、どうすれば血圧は下がるのか。本特集で最新情報をアップデートしておこう。

  • 長年の悩み「腰が痛い」を解決する

    男女とも非常に多くの人が悩むのが「腰痛」だ。ぎっくり腰のように、痛みは強いが原因が分かりやすいものは対策しやすいが、問題なのは原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう慢性腰痛。長年にわたって悩む人も少なくない。だが、この10年で腰痛治療は大きく変わった。

  • 痛風・尿酸値の「そこが知りたい」

    多くの男性が気にする「痛風」、そして「尿酸値」。「プリン体を抑えた発泡酒などを選べばいい」「魚卵、レバーはダメ」など、いろいろな“常識”が知られているが、これらの常識がすべて正しいわけではない。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間
明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.