日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

スポーツ・エクササイズ

「企業対抗駅伝 2015 東京」参戦! 連動企画

駅伝のたすきをつなぎ切り、全チーム見事完走! 

日経Goodayチーム「企業対抗駅伝 2015 東京」 大会レポート

 

5月16日、読者ランナーを中心とした日経Goodayチームは、「企業対抗駅伝 2015 東京」に挑戦しました。大会に参加した企業は417社。およそ900チーム、4000人を越えるランナーたちが集結。「決戦の土曜日」の模様をレポートしていきます!

「今日は1kmを6分から6分30秒ペースで頑張ります!」

 決戦当日、朝の天候はナント雨…。そんな中、受付開始の時刻は8時だったにもかかわらず、読者ランナーたちは7時30分を過ぎる頃には次々と集合場所の日経Goodayブースにやってきました。気温は暑すぎることもなく、ランニングをするにはちょうど良い条件ですが、雨の中を走るというのはやはりランナーにとっては気が重いはず。

大会開始前に全員で記念撮影! 当日の雨も、「ファン駅伝」が始まる前にはすっかり上がりました。
[画像のクリックで拡大表示]

 「雨でも大丈夫です! 今日は1kmを6分から6分30秒のペースを目指して頑張ります」と朝から意気込みを語ってくれたのは、「アラフォービューティー」チームの吉田裕子さん(48歳、ランニング歴:5カ月)。その横ではチームメイトで、ランニングを始めてまだ4カ月という西山重子さん(43歳)も、「私は8分台で走り切りますよ!」と笑顔を見せていました。

 4月18日に初顔合わせをした「ランニングセミナー」(関連記事:「読者ランナー集結!企業対抗駅伝『日経Goodayチーム』が始動」)以来、読者ランナーたちは個々に練習を重ね、連絡を取り合ってきたようです。早速、今大会のためにアディダス ジャパンが特別に用意してくれた日経Goodayの特製ユニフォームに着替えると、チームごとにまとまり、作戦会議があちらこちらで始まります。走る順番を決めたり、作戦を練ったりしている顔は、どれも笑顔で楽しげ。少しばかり緊張しているのかもしれませんが、「みんなでたすきをつないで走る!」との気持ちがひしひしと伝わってきて、改めて駅伝大会はランニングのそれとはまた違う、独特の雰囲気をかもし出しています。

 一般応募したランナーをはじめとして、応援に駆け付けたと思われる職場の仲間たちや家族らが続々と会場に集まり、大会の雰囲気がどんどん盛り上がっていきます。

期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について