日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > トピックス from 日経電子版  > 増える潰瘍性大腸炎 下痢や血便繰り返す難病
印刷

トピックス from 日経電子版

増える潰瘍性大腸炎 下痢や血便繰り返す難病

 日本経済新聞電子版

大腸の粘膜に炎症ができて腹痛や下痢、血便を繰り返す難病が潰瘍性大腸炎だ。日本で患者数が急速に増えている。詳細な原因は不明だが、食生活の欧米化やストレスなど様々な環境要因があると指摘されている。専門家は「完治は難しいものの、適切な治療を受ければ普通に生活できる場合が多い」と話す。薬の選択肢が増えているのも朗報だ。

適切治療で普通の生活に 薬物療法に選択肢

 潰瘍性大腸炎は炎症性腸疾患の一種で、国が難病に指定している。安倍晋三首相の持病としても知られる。大腸の粘膜に炎症や潰瘍、ただれができる。血便や下痢、腹痛などが主な症状で、生命に直接かかわらないものの、1日に何度もトイレに駆け込むなど生活の質(QOL)が下がる。

 筑波大学病院の溝上裕士・病院教授は「10~30代の発症が多いが、最近は65歳以上の発症も増えている」と話す。特に30代までは進学や就職、出産など人生の節目となる時期が多い。そこで潰瘍性大腸炎になると大きな支障を招きやすい。

[画像のクリックで拡大表示]

 国内の患者数は推定約18万人で、米国に次いで多いとされる。約10年前から2倍以上に増えた。発症の原因は病原体などから身を守る免疫システムの異常が指摘されている。大腸粘膜を何らかの原因で「敵」とみなし、攻撃することで炎症が起きる。異常が起きる詳しい理由は分かっていないものの、食生活やストレス、遺伝的要因なども関係すると考えられている。

 潰瘍性大腸炎と似ている病気には「クローン病」がある。クローン病は病変が大腸に限らず小腸など消化管のどの部分にも起こる。潰瘍性大腸炎は原則、大腸に限定される。

 潰瘍性大腸炎の初期症状は下痢や血便、腹痛、発熱などだ。異変を感じたら医療機関を訪れるべきだが、若い人は我慢してしまう例が多く、受診が遅れがちになる。溝上教授は早めの対応を呼び掛けており「1週間以上、下痢や血便が続いた場合は消化器内科を受診してほしい」と訴える。

 潰瘍性大腸炎は通常、直腸に炎症ができ、その範囲が広がっていく。主に、炎症が直腸にとどまる「直腸炎型」、半分近くまで広がった「左側大腸炎型」、大腸全体に及ぶ「全大腸炎型」に大別される。

 重症度は1日の排便回数や体温などで区別している。例えば、1日6回以上の排便や血便などがあれば重症と診断され、15回以上はさらに悪い「劇症」となる。また、この病気は慢性疾患で、良くなったり悪くなったりという状態を繰り返す場合が多い。

[画像のクリックで拡大表示]

1/2 page

最後へ

次へ

BACK NUMBERバックナンバー

バックナンバーをもっと見る

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 突然死を招く「高血圧」 “少し高め”でも放置は危険!

    日本人の40代男性の約3人に1人、50代男性では約3人に2人が該当するといわれ、女性でも更年期以降に増加する「高血圧」。「少し高いだけだから」と思って対策を先延ばしにしていると、血管の老化が進み、脳卒中や心筋梗塞などの命にかかわる合併症を引き起こすほか、ヒートショックによる突然死などの原因にもなる。高血圧はなぜ怖いのか。そして、どうすれば血圧は下がるのか。本特集で最新情報をアップデートしておこう。

  • 長年の悩み「腰が痛い」を解決する

    男女とも非常に多くの人が悩むのが「腰痛」だ。ぎっくり腰のように、痛みは強いが原因が分かりやすいものは対策しやすいが、問題なのは原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう慢性腰痛。長年にわたって悩む人も少なくない。だが、この10年で腰痛治療は大きく変わった。

  • 痛風・尿酸値の「そこが知りたい」

    多くの男性が気にする「痛風」、そして「尿酸値」。「プリン体を抑えた発泡酒などを選べばいい」「魚卵、レバーはダメ」など、いろいろな“常識”が知られているが、これらの常識がすべて正しいわけではない。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間
明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.