日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

医療・予防

トピックス from 日経電子版

ワクチン接種、大人も忘れず 高齢者は肺炎など用心

妊娠前には風疹 おたふくかぜは2回接種

 日本経済新聞電子版

感染症を防ぐワクチン接種は乳幼児向けと思いがちだが、大人が受けておきたいワクチンがいくつかある。年齢やライフスタイルに応じて、必要なワクチンと注意点をまとめた。

(c)Alexey Poprotsky-123RF

 晩秋を過ぎると、幅広い年齢層の人がインフルエンザワクチンを受け始める。特に高齢者は受けた方がいい。「高齢者はひとたび発症すると、抵抗力の低下などから重症になりやすい」と川崎市健康安全研究所の岡部信彦所長は話す。

[画像のクリックで拡大表示]

 その際、肺炎球菌ワクチンも併せて接種しておきたい。インフルエンザに感染すると、その後に肺炎球菌による肺炎を起こしやすいからだ。

 65歳以上の場合、インフルエンザワクチンは法律が定める「定期接種」の対象で、費用が助成されることがある。肺炎球菌ワクチンは現在、65歳以上で年度中(4月から翌年3月末)に65歳、70歳、75歳など5歳刻みの対象年齢になる人(100歳まで)は定期接種になる。それ以外の年齢だと「任意接種」になり、費用は自己負担だ。

 妊娠を希望する人とその家族が事前にぜひ受けておきたいのが、風疹ワクチンだ。

日経Gooday マイドクター 会員限定記事が読み放題! 登録初月は無料! 登録は今すぐ!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について