日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

医療・予防

トピックス from 日経電子版

日記でタイプを見極める… 頭痛を病気として考えよう

服薬、医師の指導を/運動に予防効果も

 日本経済新聞電子版

頭痛といっても単に「頭が痛い」だけでなく、人によって「吐き気がする」「首から肩にかけて辛い」など悩みは複雑。動けなくなるほど悪化し社会生活に影響が出ることもある。なかなか病気としての認識も広がっていないという。頭痛の仕組みは未解明なことも多いが、徐々に分かりはじめている。悩み軽減のためのヒントをまとめた。

(©Jasmin Merdan-123rf))

 埼玉精神神経センター(さいたま市)内にある埼玉国際頭痛センターの坂井文彦センター長らが実施した4万人への電話調査とその中から抽出した約4000人へのアンケート調査を基に推計すると「日本の頭痛人口は全人口の約4割を占める」(坂井センター長)。だが「頭痛のつらさは他人に理解されにくく、黙って一人で耐えている人が多い」(同)。

 実は頭痛にも種類があり、国際頭痛学会の分類では症状別に367種類に分類される。くも膜下出血や髄膜炎、副鼻腔炎など他の病気に伴うものも含まれる。

最も多い緊張型

 坂井センター長らの調査で一番多かったのが「緊張型頭痛」と呼ぶもの。日本人の2割が悩んでいるという。精神や肉体的ストレス、姿勢の悪さなどで頭を支える筋肉が緊張して起きる。「ストレス頭痛」ともいう。

 だるさや疲れ、めまいを感じやすく、頭を締め付けるような痛みや肩・首のコリ、ときには歯や顔、胸などの痛みにまで発展する。痛みはほぼ毎日、30分のこともあれば一日中続くこともある。

 その次に多いのが「片頭痛」だ。遺伝的な要因が強いとされる。主に頭の片側が脈打つようにズキンズキンと痛む。吐き気を伴いやすく、光、音、臭いなどの刺激に過敏になりがちだ。ひどい痛みが数時間から3日間ほど続き、寝込むことも。

 「体の内外の『変化』に反応しやすい人が、片頭痛をおこしやすい」と坂井センター長。例えば気圧の変化に反応しやすい人は、台風が近づくと片頭痛をおこしやすい。天気、温度、湿度、人間関係などでも起きる。とくに精神的な変化で起こるのが「週末片頭痛」だ。激務のストレスからの解放後に発症しやすい。片頭痛は月経によるホルモンの変化が大きい女性に多く、生理前などに発症しやすい。

日経Gooday マイドクター 登録初月は無料!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について