日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

医療・予防

トピックス from 日経電子版

凝り・痛み、筋膜が原因? 体のよじれをほぐそう

パソコンやスマホの使い過ぎに注意

 日本経済新聞電子版

ストレッチやマッサージをしても、肩凝りや腰痛が解消されない。そんな慢性的な不調の原因は筋肉を包む薄い膜「筋膜」かもしれない。悪い姿勢や偏った動作を続けると、筋膜がよじれて硬くこわばり、凝りや痛みを引き起こすのだという。筋膜を解きほぐして健全な状態に戻す「筋膜リリース」について仕組みや方法を専門家に聞いた。

 筋膜とは、全身の筋肉をくまなく覆い、筋線維1本1本までもカバーしている薄い膜のこと。耳慣れない組織だが、筋肉の形を保ち、自在に伸び縮みするのを助ける重要な存在だ。実は筋肉に限らず、内臓などあらゆる器官を包み込み、ひと続きにつながっているとされる。そんなところから「第二の骨格」とも呼ばれている。

 首都大学東京大学院理学療法科学域の竹井仁教授は「筋膜のよじれや硬直が、なかなか改善しない体の凝りや痛みの発生源ではないかと、最近にわかに注目を集めている」と話す。

悪い姿勢で硬直

 筋膜はどうしてよじれたり硬直したりするのだろう。ソル・エ・マーレ鍼灸整体治療院(横浜市)の滝沢幸一院長は「猫背でスマートフォンやパソコンを見る、いつも同じ側の肩や腕でバッグを持つ、椅子に座る時よく脚を組む。こうした悪い姿勢や動作の習慣が、筋膜の伸縮性を失わせる」と説明する。座りっぱなしなど長時間動かない状態や、同じ筋肉の使い過ぎもよくない。

[画像のクリックで拡大表示]

 筋膜は、張りのあるコラーゲンと弾力に富んだ少量のエラスチンという2種類の線維状タンパク質が、網の目のように張りめぐらされた構造をしている。ところが体の一部に集中的に負荷がかかると、コラーゲンとエラスチンがよじれて寄り集まり「これらを取り囲む水溶液の水分が失われ、粘っこくなって、コラーゲンとエラスチンが自由に動けなくなる」(竹井教授)。こうなると、筋膜の上にある皮膚や、下にある筋肉も動きづらくなり、凝りや痛みを招くという。

 しかも筋膜は、巻きつくように筋肉を覆いながら、隣の筋肉からその次の筋肉へと、連続してつながっている。どこか1カ所にこわばりや癒着が起きると、影響は筋膜のネットワークを介して離れた部位にも波及する。「腰の筋膜の異常によって、首が痛くなるといった例も珍しくない」(滝沢院長)

マイドクターで相談!

24h、健康相談と医療機関の案内

メンタルヘルス相談(時間制限あり)

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について