日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

医療・予防

トピックス from 日経電子版

あなたの「ケガ防止力」は? 反射能力の簡単チェック

 日本経済新聞電子版

戸外で子どもたちと体を動かす機会が増える夏。とっさのケガを防ぐには、体を思い通りに動かす力が必要だ。一見単純な運動が、反射能力と巧緻性を高めるのに役立つ。難なくこなせるか、挑戦してみよう。

全身運動の「一コマずらし」は、腕をまっすぐ伸ばし、前、上、横、下の順で回す。左手から動かし始め、右手は一つ遅れた位置で、追いかけるように動かすというもの(詳細は記事中で紹介)。難なくこなせるか、挑戦してみよう(モデルは早稲田大学エルダリーヘルス研究所招聘研究員・渡辺久美)
[画像のクリックで拡大表示]

 日ごろあまり運動をしていない人は、慣れないスポーツやレジャーで思わぬケガをしがちだ。非日常的な活動時に、思うように体が反応できないのが原因だ。

 私たちの日常動作は、複雑な反射や反応で成り立っている。例えばボールをキャッチするとき。飛んできたボールが視界に入ると「ボールが来た」という情報が、視神経から脳に伝わる。

 ボールを受け取るために、どの筋肉をどの程度収縮させるかを脳内で判断する。脳からの指令が電気信号によって脊髄神経を経て、末梢(まっしょう)神経から全身の筋肉に届く。その情報に基づき、必要な筋肉が収縮して実際の動作となる。

 人の動作はパターン化しやすいため、刺激に乏しい生活を続けていると、反射能力や巧緻性が衰えてしまう。巧緻性とは身体調整能力の一つで、手指の動作のたくみさや器用さを示す。脳からの指令に基づく筋の反応を、スムーズかつ巧みに遂行するために必要だ。

 巧緻性や敏しょう性に欠けると、とっさの対応が遅れる。今回は身体を自在にコントロールするのに役立つ運動を紹介したい。

[画像のクリックで拡大表示]

まずは座ったままできる、指先の運動「親指・小指の入れ替え」(写真1参照)。軽くこぶしを握り、片方の手は親指だけ、反対側の手は小指を、それぞれ立てる。

次に、立てる指を左右同時にサッと入れ替える。さっきまで親指を立てていた手は、小指を立てている、といった具合だ。他の指が立たないように気を付けて、スムーズかつリズミカルに繰り返そう。


[画像のクリックで拡大表示]

続いて「一人ジャンケン」(写真2)。右手が常に勝ち、左手は負けるという状態を保つようにして、グー・チョキ・パーを両手同時に順に切り替えていく。単純なルールだが、うっかり違う動作になってしまって苦笑いする人も多いはずだ。


日経Gooday マイドクター 登録初月は無料!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について