日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

医療・予防

トピックス from 日経電子版

よくかむ・口の乾燥防ぐ… 減塩へ薄味の食習慣を

 日本経済新聞電子版

旅行や行楽などで外食をする機会が増えたときに気をつけたいのが塩分の取り過ぎだ。4月から国の摂取目標値が従来より1日当たり0.5~1グラム減り、厳しくなった。食塩の取り過ぎは高血圧に直結し、腎臓や心臓に負担をかける万病のもと。かみごたえのある食事を選んだり、だしを活用したりするなど、薄味でもおいしく食べる工夫を習慣づけたい。

国の目標値厳しく

 厚生労働省は栄養素などの1日の摂取量の目安を示す食事摂取基準を作成、5年ごとに改訂している。2015年4月からの新基準では食塩について18歳以上の男性で1日当たり8グラム、女性で同7グラムとした。従来基準より、みそ汁半杯から1杯強に含まれる塩分量を減らした。13年に世界保健機関(WHO)が25年までに男女ともに5グラム未満とする目標値を公表。国際的にも目標値を6グラム未満としている国が多く、日本も一段の減塩方針を強めた。

[画像のクリックで拡大表示]

 東京女子医科大学の渡辺尚彦准教授はよくかんで食べる必要がある食事を取り入れるよう指導している。「かみごたえのある食べ物なら薄味でもおいしく食べられる」からだ。よくかまなくてはならない食べ物はかむ時間が長くなるため口の中に味が行き渡る。薄味でも味を感じやすくなり、毎日続けやすくなるという。

 高血圧の患者に、シリアルとドライフルーツが混ざったグラノーラを1日1食取り入れてもらった。グラノーラに含まれる食塩は1食0.2グラムほど。よくかまないと飲み込みにくい。50代のある女性は、日ごろスーパーの総菜などを食べることが多く血圧がなかなか下がらなかった。1日1食をグラノーラ食にすると食べ始めてから数週間で血圧は144から137まで下がった。「1日1食だけでも塩分を減らせると、1日分の摂取量をかなり抑えられる」(渡辺准教授)

 日本の食塩の摂取量は年々減ってきている。だが2013年の国民健康・栄養調査報告によると20代以上の摂取量は平均で1日10.2グラム。和食を好む日本人にとって、塩分は欠かせない味で減らすのは大変。人体が1日に必要な食塩量は1.5グラムとされ、日本人の食塩摂取量は相当多い。

日経Gooday マイドクター 会員限定記事が読み放題! 登録初月は無料! 登録は今すぐ!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について