日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > トピックス from 日経電子版  > 皮膚にプツプツじんましん かゆみは冷やして抑える  > 2ページ
印刷

トピックス from 日経電子版

皮膚にプツプツじんましん かゆみは冷やして抑える

 日本経済新聞電子版

[画像のクリックで拡大表示]

 食品以外では物理的刺激でじんましんの原因となることも多い。衣服で皮膚がこすれる、下着やベルトで圧迫される、入浴などによる温熱刺激や冷水による寒冷刺激を受ける、強い日差しを浴びる、運動で発汗するなどが代表的なものとして挙げられる。

 ただし、実は原因がはっきりしているのは全体の3割ほどだ。じんましん患者の7割は、原因が明らかでない特発性じんましんだという。しかも、このタイプでは、毎日のように症状が現れるケースも少なくない。そんな状況が1カ月以上続くと、慢性特発性じんましんと診断される。

 じんましんが起きたとき、家庭ではどうしたらいいのだろうか。思わずかきたくなるが、かくとじんましんが広がってしまうことも多いので、まずは安静にする。菊池皮膚科医院(東京・荒川)の菊池新理事長は「アイスパックなどで冷やしながら腫れがひくのを待つといい。一般的なじんましんの場合は、24時間以内で症状が治まることが多い」と話す。

 注意したいのは、皮膚以外の症状だ。例えば息苦しいなど呼吸器症状もじんましんが原因のことがある。菊池理事長は「ノドの奥にある気道まで腫れると、呼吸困難をもたらすこともある」と話す。息苦しいと感じたら、すぐに医療機関で受診する。また、消化器症状としては、ヒスタミンなどが過剰に出ることによる腹痛もある。この場合も至急、医療機関を受診したい。

 一方、特に原因が定かでは無いが長く続く慢性特発性じんましんは、症状を放置しておくと、さらに治りにくくなる。早めに治療を受けたい。猪又准教授は「新しい抗ヒスタミン剤などを試しながら、その人に合う方法を探す」と話す。

 なお、ストレス、睡眠不足、疲労はじんましんを悪化させる。精神的なストレスは、慢性的なじんましんの原因にもなる。ストレスを発散する方法を考えよう。「早寝早起き、便秘の改善など規則正しい生活を送ることで、症状はやわらげることもできる」と猪又准教授はアドバイスする。

(ライター 荒川 直樹)

[NIKKEIプラス1 2017年4月8日付]

この記事は、日本経済新聞電子版「病気・医療」からの転載です。

先頭へ

前へ

2/2 page

BACK NUMBERバックナンバー

バックナンバーをもっと見る

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 長年の悩み「腰が痛い」を解決する

    男女とも非常に多くの人が悩むのが「腰痛」だ。ぎっくり腰のように、痛みは強いが原因が分かりやすいものは対策しやすいが、問題なのは原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう慢性腰痛。長年にわたって悩む人も少なくない。だが、この10年で腰痛治療は大きく変わった。

  • 痛風・尿酸値の「そこが知りたい」

    多くの男性が気にする「痛風」、そして「尿酸値」。「プリン体を抑えた発泡酒などを選べばいい」「魚卵、レバーはダメ」など、いろいろな“常識”が知られているが、これらの常識がすべて正しいわけではない。

  • 放置は厳禁! 「脂肪肝」対策の新常識

    肝臓は生命維持に欠かせない臓器で、実にさまざまな機能を担っている。だが、肝臓は「沈黙の臓器」だけあって、肝機能関連の数値がちょっと悪くなったくらいでは症状は現れない。「とりあえず今は大丈夫だから…」と放置している人も多いかもしれないが、甘くみてはいけない。本テーマ別特集では、誰もが正しく知っておくべき「肝臓の新常識」をまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間
明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.