日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

医療・予防

トピックス from 日経電子版

膝痛を運動で改善 ストレッチ、太ももの筋肉を鍛える

 日本経済新聞電子版

膝に水がたまって痛む「変形性膝関節症」は、日本に約2500万人の患者がいると推定される。進行すると歩くのもつらくなる。簡単な運動で太ももや膝の筋肉を鍛えたり、関節の動きをやわらかくしたりすることで、膝にかかる負担を軽減し、痛みを和らげることができる。膝が痛いと動きにくくなり、筋力も落ちていく。気長に毎日続けたい。

脚の筋肉を鍛え、変形性膝関節症の進行を防ぐ(大阪市の大阪回生病院)
[画像のクリックで拡大表示]

 大阪府に住む62歳の男性は最近、左膝に痛みを感じるようになった。痛み止めを飲んでも数日しか効かず、大阪回生病院(大阪市)の指導で膝の運動を始めた。しばらく続けると痛みが和らぎ、痛み止めがいらなくなった。岩木稔裕リハビリテーション科部長は「運動することで、膝にかかる負担を減らせたため」と話す。

 男性は変形性膝関節症だった。膝は太ももとすねの大きな骨をつなぐ。骨の表面は滑らかな軟骨が覆い、その隙間を埋めるように半月板があり、全体を靱帯が包む。運動時の衝撃を和らげ、滑らかに動くための優れた仕組みだ。

 加齢やけがで軟骨が減ると骨同士が直接ぶつかり、関節に炎症が起きる。軟骨は元には戻らない。進行すると半月板が割れたり、靱帯が傷ついたりする。関節を満たす液体が増え、いわゆる「膝に水がたまった」状態になる。これが変形性膝関節症だ。

 最初は階段の上り下りや歩き始めに痛んだり、正座やしゃがむ姿勢がつらくなったりする。さらに進むと起床時に膝がこわばる。最後は安静時にも激しい痛みが出て、歩行困難になる。

 関節に変形がある潜在的な患者は60歳以上の男性で5割、女性で7割にも達する。このうちで痛みを伴うのは2~4割だ。太った人や女性、O脚やX脚の人、若い頃にスポーツをしていた人に多い。

 加齢による筋力低下が進行を早める。脚の筋力は70歳では30歳の半分になる。脚の筋肉を鍛え、膝にかかる負荷を軽減できれば、病気の進行を遅らせ、痛みを減らせる。日本整形外科学会が勧める方法を紹介しよう。鍵を握るのは太ももの筋肉だ。

期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について