日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

医療・予防

トピックス from 日経電子版

メンタル不調、「ストレスチェック制度」で事前に防ぐ

義務化2年目

 日本経済新聞電子版

企業などの事業者に従業員のメンタルヘルス対策の強化を促す「ストレスチェック制度」が義務化されて2年目に入った。昨年受検し「高ストレス」と判定された人もいるだろう。仕事の量や職場の人間関係など要因は人それぞれ。せっかくの「気付き」の機会を生かして、うつ病などの不調に陥る前にメンタルをコントロールしたい。

高ストレスと判定された人を面接指導する渡辺医師(東京都港区の赤坂診療所)

 「ひどい人事だと思いませんか。もう僕には無理です」。東京都港区の赤坂診療所。精神保健指定医・産業医の渡辺登所長に思い詰めた顔で訴えるのは、50代の男性だ。長く経理に携わっていたが、急に営業に回されリーダー役を任された。営業の経験や知識が豊富な部下をどうまとめたらいいかも悩みを深める。男性は高ストレスと判定され、自ら希望し渡辺氏による面接指導を受けた。

 メンタルヘルス事業を手がけるアドバンテッジリスクマネジメントが企業・団体に実施した調査によると、高ストレス判定の従業員の割合は「5%未満」が37.8%で、「5%以上10%未満」(27.7%)、「10%以上20%未満」(18.6%)と続く。従業員千人の職場なら50~100人の高ストレス者が出てもおかしくない。

 「高ストレス判定がすなわちメンタル不調ではなく、そういう判定でなくても不調の人は少なくない」(赤坂診療所の渡辺所長)。ただ、「ストレス状態にあるとの気付きを生かしてほしい」と指摘する。

 一般社団法人日本ストレスチェック協会の代表理事で産業医の武神健之氏は高ストレス者に共通してみられるストレスを大きく3つに分類する。「頑張るストレス」「ガス欠ストレス」「我慢のストレス」だ。

 頑張るストレスは優秀な人が抱えやすい。労働の量と質が急速に変化する中で、どうしても「できる人」に仕事が集中する。皆のためにと頑張り続けてもそれが認められていないと感じると、一気に気持ちが切れてしまうケースだ。ガス欠ストレスは仕事以外に趣味や熱中するものがないといった場合に見られる。

[画像のクリックで拡大表示]

 武神氏が一番難しいと指摘するのが、3つ目の我慢のストレスだ。このストレスは「ノーと言えない人に生じやすい」という。自己肯定感が低い場合が多く、「断ってしまうと仕事がなくなるのではないかといった怖さから、我慢に我慢を重ねてしまう」。結果として心の健康を害するまでため込んでしまうのだ。

 メンタル不調で病気と診断されたら、専門医を受診し治療に入ることになる。会社は休職や配置転換といった就業上の措置をとる。その手前で防ぐにはセルフケアも欠かせない。

日経Gooday マイドクター 会員限定記事が読み放題! 登録初月は無料! 登録は今すぐ!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について