日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

医療・予防

トピックス from 日経電子版

生活習慣から痔を防ぐ 食物繊維と水で腸内を調える

座りっぱなし、重たい荷物もリスク

 日本経済新聞電子版

「恥ずかしいから」となかなか治療に積極的になれない人が多い痔(じ)。冬は水分摂取量や運動量が減り、痔になりやすい条件がそろいやすい。痔は食生活や運動、排便など生活習慣が発症に関わる一種の生活習慣病。予防や治療の基本はこれらを改善すること。まず、自分の便の状態を観察するところから始めたい。

 肛門周辺の病気のおよそ8割を占めるのが痔だとされる。通常いぼ痔と呼ぶ「痔核(じかく)」、切れ痔と呼ぶ「裂肛(れっこう)」、トンネル状の「痔ろう」の3つの病気がその代表だ。

 最も多いのが痔核。肛門の内部や出口には静脈叢(そう)という細い血管の集まりを主体とした肛門クッションという柔らかな組織がある。血液が滞ってこの組織がいぼ状に膨らんでくるのが、いぼ痔。粘膜部分にできると内痔核、肛門の皮膚の部分だと外痔核という。裂肛は肛門の出口付近の皮膚が裂けた状態。肛門周囲で大腸菌などによる感染症が起きて膿(うみ)が貯まり、進行して肛門の内外を貫通してしまうのが痔ろうだ。

 痔核は、排便時に破れると、便器に広がるような出血が起きることがある。内痔核は痛みはあまり無いが出血しやすい。

 年間約2200件の肛門手術を手掛ける東京山手メディカルセンター(東京・新宿)の佐原力三郎・大腸・肛門病センター長は「痔核と裂肛は生活習慣の影響が大きい。特に排便時の肛門への圧力が長引くことや、便が硬かったりゆるかったりで肛門に負担がかかるのが原因」と話す。便秘で硬い便を息むことだけでなく、下痢で勢いよく出るのも刺激となる。

 発症には姿勢も関わる。座ったままや立ちっぱなし、重い物を持ち続ける、妊娠や分娩で肛門に腹圧がかかるなどだ。排便時間がかかることも悪化要因の一つ。

 予防には肛門周りに余計な圧力や負担をかけないことのほか、便秘や軟便を避ける食生活がとても大事だ。排便は3日(72時間以内)に一度はあるのが正常範囲。

[画像のクリックで拡大表示]

マイドクターで相談!

24h、健康相談と医療機関の案内

メンタルヘルス相談(時間制限あり)

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について