日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > トピックス from 日経電子版  > 歯周病、知らぬ間に進行 成人の半数が予備軍
印刷

トピックス from 日経電子版

歯周病、知らぬ間に進行 成人の半数が予備軍

丁寧に歯垢除去 少なめの歯磨き粉で

 日本経済新聞電子版

歯周病は代表的な歯の病気だが、痛みを伴う虫歯と比べて自覚しづらい。成人の大半がかかっているとみられ、重症になると歯が抜け落ちることも。毎日の丁寧な歯磨きで予防し、初期症状には早めに対処しよう。

歯茎が赤くなり、歯磨き時に出血があれば歯周病の初期症状。歯科の受診を。写真はイメージ(c)Vadim Guzhva-123RF

 歯周病は歯茎の炎症、つまり歯周組織の病気だ。歯と歯茎の境目にたまった歯垢(しこう)の中にある細菌が、歯茎にダメージを与える。初期は歯茎に炎症が起きて赤くなる歯肉炎。進行すると歯茎と歯の境目にできる「歯周ポケット」が深くなり、歯を支える骨が壊れる歯周炎になる。

 歯茎が赤くなり、歯磨き時に出血があれば歯周病の初期症状だ。高齢者に多い病気の印象があるが、国立保健医療科学院(埼玉県和光市)の安藤雄一統括研究官は「最新の統計データによると、成人の約半数に歯茎からの出血がみられる」と指摘する。決して他人事ではない。

 歯周病には20~30代から発症して短期間で急速に進行する「侵襲性歯周炎」と、10~20年単位で進行する「慢性歯周炎」がある。80歳で自分の歯を20本以上保とうという運動があるなか、抜歯の原因は歯周病が虫歯を上回る。「出血や歯茎の腫れなど、歯周病の初期サインを見逃さないことが大切」(安藤統括官)

 治療は初期の歯肉炎の段階なら歯垢や歯石を取り除くことで治るが、進行すると溶けた骨はそれだけでは元に戻らない。歯肉に出血があった時点で歯科を受診したい。

 「以前は進行を止めるだけだったが、最近は失った歯周組織をより健康な状態に戻す治療になっている」と東京医科歯科大学の和泉雄一教授は話す。歯肉を切開して人工の膜を入れるGTR法、再生材料(エムドゲイン)や再生薬(トラフェルミン)を使った歯周組織再生治療がある。    

[画像のクリックで拡大表示]

1/2 page

最後へ

次へ

BACK NUMBERバックナンバー

バックナンバーをもっと見る

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 突然死を招く「高血圧」 “少し高め”でも放置は危険!

    日本人の40代男性の約3人に1人、50代男性では約3人に2人が該当するといわれ、女性でも更年期以降に増加する「高血圧」。「少し高いだけだから」と思って対策を先延ばしにしていると、血管の老化が進み、脳卒中や心筋梗塞などの命にかかわる合併症を引き起こすほか、ヒートショックによる突然死などの原因にもなる。高血圧はなぜ怖いのか。そして、どうすれば血圧は下がるのか。本特集で最新情報をアップデートしておこう。

  • 長年の悩み「腰が痛い」を解決する

    男女とも非常に多くの人が悩むのが「腰痛」だ。ぎっくり腰のように、痛みは強いが原因が分かりやすいものは対策しやすいが、問題なのは原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう慢性腰痛。長年にわたって悩む人も少なくない。だが、この10年で腰痛治療は大きく変わった。

  • 痛風・尿酸値の「そこが知りたい」

    多くの男性が気にする「痛風」、そして「尿酸値」。「プリン体を抑えた発泡酒などを選べばいい」「魚卵、レバーはダメ」など、いろいろな“常識”が知られているが、これらの常識がすべて正しいわけではない。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間
明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.