日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

からだケア

トピックス from 日経電子版

二軸歩行、疲労感少なく 「和の動作」で年始めの一歩

腕は振らずに足裏で着地

 日本経済新聞電子版

新年の始めには、改めて体を見つめ直したいものだ。今回は疲労感が少なく、体に優しい歩き方を紹介する。実は効率的な「和」の動作を取り入れて、年始めの一歩を軽快に踏み出そう。

これが「二軸歩行」だ!(モデルは早稲田大学エルダリーヘルス研究所招聘研究員・渡辺久美、以下同)
[画像のクリックで拡大表示]

 年の初めを着物姿で過ごした人もいるだろう。和装で歩こうとすると、洋服を着て靴を履いた時の歩き方ではしっくりこないはずだ。

 和の動作で前に進むときは、踏み出した方の足の裏全体で着地して足を運ぶ。両手はももに添えたままで、腕を大きく振ることはしない。能や茶道など、日本の伝統文化における「すり足」を思い浮かべてほしい。

 この和の歩き方が実は、効率的で疲労感が少なく、安全で体に優しいことをご存じだろうか。全身の動きを見ると、足を踏み出して着地するとき、同じ側の骨盤が足と一緒に前方へ動いて、体を推し進めているのが分かる。

[画像のクリックで拡大表示]

 右肩から右足まで、左肩から左足までがそれぞれ1本の軸を成す(写真上段右参照)。前に進むときは、この左右2本の軸が交互に動いていく。骨盤と肩をねじらず、体には無理な力が掛からない。体の最低限の部位だけ動かして効率良く前進できる。

日経Gooday マイドクター 会員限定記事が読み放題! 新春キャンペーン 2月末まで無料! ご登録は1月末まで

マイドクターで相談!

24h、健康相談と医療機関の案内

メンタルヘルス相談(時間制限あり)

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について