日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

からだケア

あべこべ体操

体をあべこべに動かして、肩と首の凝りを解消!

第1回 首と目のあべこべ体操

 

運動でもストレッチでもないのに、驚くほど凝りや痛みを解消するあべこべ体操。「あべこべ」=「非日常的な動き」で脳を活性化し、やさしく心地よい振り子のような動きで体のゆがみを調整。心身の緊張を取り去る新メソッドです。

ゆっくりとした往復の動きで、関節や筋肉を緩める

 「体の緊張を解くのは運動でもストレッチでもなく、心地よくやさしい動きを繰り返すこと」。こう話すのは、『あべこべ体操』の考案者、北洞誠一さん。

 あべこべ体操とは、イスラエルの物理学者が考案した身体改善法「フェルデンクライスメソッド」がベースの新しい体操法だ。まずは基本の“自然な動き”を行い、その後で“非日常的な動き”として、身体の各所を左右や上下に向けてそれぞれ逆方向に動かす。これが一番の特徴だ。

体を同時に二カ所、あべこべに動かすだけ。

 「基本の動きを先に行うことで、後で行うあべこべの動きが強調され、強く意識できるようになる。さらに、“非日常的な動き”で脳が刺激される。同時に運動神経も活性化され、筋肉や関節の動きが滑らかに。柔軟性も増して体が軽くなります」と北洞さん。

 ゆっくりとした往復の動きを心地よく繰り返すうちに、凝り固まっていた関節や筋肉は緩み、緊張を解き始め、体の各パーツは「“分化”する」(北洞さん)。結果的に関節の可動域は広がり、ゆがんだ骨格も正しい位置に近づいて「肩や首の凝り、腰痛が改善される」(北洞さん)のだとか。

[画像のクリックで拡大表示]

 さらにリラックス効果も高いという。体操指導中はみな、あくびを連発するとか。不眠の改善も期待できそうだ。

 「無理はせず、基本とあべこべの動きの間には二呼吸分くらいの休みを挟むこと。たとえ楽でも非日常的な動きで神経は疲れを感じますから」(北洞さん)

 今回から3回にわたって紹介するメソッドは、1日1~2セットですべて行うのが目安。ゆっくり気持ち良く、ゆらゆら~っと始めよう。


期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について