日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

からだケア

タイプ別にするする出せる!  お腹ぺたんこ「腸エクサ」

「ピリピリ腸」は深呼吸と腸への刺激で出す!

腸の血流をリラックスして高めるのがお通じ改善のコツ!

 

体を動かさない生活がたたり、腸を動かす筋肉までサビついたり、筋力不足になってしまったり…。そうした習慣は、「ピリピリ腸」「だらだら腸」「出口づまり腸」といった腸のタイプをつくり、実は便秘気味になる大きな原因にもなっています。しかも、便秘を改善するには、腸のタイプによって最適な解決方法があります。腸のタイプ別のエクササイズなら、たった3分で取り組めて、腸本来の動きを取り戻してくれます。効率よく “出せるカラダ” になりましょう!

ピリピリ腸はこんな人

 ストレスなどにより、自律神経のバランスが崩れ、大腸の蠕動(ぜんどう)運動が不規則になっていることが多い。体の側面の筋肉にハリがあり、腸の動きを妨げていることが考えられる。

「ピリピリ腸」はこんな人に多い

 ピリピリ腸の人は、「まず自律神経を整えるように心がけるといい」と話すのは、便秘外来でのべ2万5000人以上の患者を診察してきた、順天堂大学医学部の小林弘幸教授。というのも、大腸の動きは本人の意思とは関係なく、自律神経によって制御されているため。ストレスなどが原因で自律神経が不安定になると、大腸の動きが不規則になり、けいれんを起こすことも多い。特にピリピリした緊張状態が続くと、自律神経のうち、副交感神経の活動レベルが下がり、大腸の蠕動運動が起きにくくなるので、便秘になりやすい。

 「副交感神経の活動レベルを高める、長く吐く呼吸法で、大腸の蠕動運動を促すといい」(小林教授)。リラックスにもなるという。

 一方、女性の便秘に詳しい看護師の齊藤早苗さんは、ピリピリ腸の人は「体の側面が硬く、血行が悪い人が多い」と指摘する。体の側面をほぐすストレッチやマッサージを薦める。仕事中や寝る前に体をリセットするときや、トイレタイムを活用して行うといいそうだ。

小林式 腸の緊張を解きほぐす 「吸う(1)+吐く(2) 呼吸」

 副交感神経の活動レベルを上げるには「吐く」ことが大切だと小林教授はいう。吸う:吐くを1:2にして行う。イライラ気分を落ち着かせたいときにも取り入れてみよう。

[画像のクリックで拡大表示]
日経Gooday マイドクター 登録初月は無料!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について