日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > シーン別 凝りとりストレッチ  > 通勤途中でも街中でもできる! 立ちながらストレッチ
印刷

シーン別 凝りとりストレッチ

通勤途中でも街中でもできる! 立ちながらストレッチ

立ち姿勢で凝りをとれば、日常での歩く効率も倍増

 

日常の空いた時間にストレッチを取り入れよう。「座る」「立つ」「寝る」という三つの姿勢のままできる16ポーズを3回に分けて紹介。肩や腰、股関節を中心にこまめにほぐしてガチガチ凝りを解消!

立ったまま 背中と腰の凝りをとる

 エレベーターや電車を待つ間は、絶好のほぐしチャンス! 隙間の時間を使って、主に「回す」「ねじる」動きで体に新しい刺激を与えよう。

 「日常では前後に体を動かす動作が多く、動かしていない部位はどうしても固まりがち。股関節をはじめ、体の横側や肩の動きが減ると巡りも悪くなる」と筋肉デザイナーの藤本陽平さんは説明する。

 凝りのない、よく動く体を取り戻せば、日常の歩く動作もエクササイズに変わる。

[画像のクリックで拡大表示]

腰や肩を回したり、壁を使って体の側面、胸まわりをほぐしたりと、大きな動きで凝りをとろう。

背中や腰に凝り、痛みがあると体の動きに偏りが出て、さらに状態が悪くなることも。体を動かしたときに左右で違いがあるなら、満遍なくほぐすことを意識して。
[画像のクリックで拡大表示]

1/3 page

最後へ

次へ

BACK NUMBERバックナンバー

バックナンバーをもっと見る

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 突然死を招く「高血圧」 “少し高め”でも放置は危険!

    日本人の40代男性の約3人に1人、50代男性では約3人に2人が該当するといわれ、女性でも更年期以降に増加する「高血圧」。「少し高いだけだから」と思って対策を先延ばしにしていると、血管の老化が進み、脳卒中や心筋梗塞などの命にかかわる合併症を引き起こすほか、ヒートショックによる突然死などの原因にもなる。高血圧はなぜ怖いのか。そして、どうすれば血圧は下がるのか。本特集で最新情報をアップデートしておこう。

  • 長年の悩み「腰が痛い」を解決する

    男女とも非常に多くの人が悩むのが「腰痛」だ。ぎっくり腰のように、痛みは強いが原因が分かりやすいものは対策しやすいが、問題なのは原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう慢性腰痛。長年にわたって悩む人も少なくない。だが、この10年で腰痛治療は大きく変わった。

  • 痛風・尿酸値の「そこが知りたい」

    多くの男性が気にする「痛風」、そして「尿酸値」。「プリン体を抑えた発泡酒などを選べばいい」「魚卵、レバーはダメ」など、いろいろな“常識”が知られているが、これらの常識がすべて正しいわけではない。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間
明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.