日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > ダイエット・食生活  > 鉄板! 豆腐でダイエット  > 太らなくなる水切り豆腐レシピ 2
印刷

鉄板! 豆腐でダイエット

太らなくなる水切り豆腐レシピ 2

夕食にボリューム満点! 豆腐おかずレシピ

 

低カロリーでダイエットによく登場する豆腐。
豊富に含まれる大豆たんぱく質が代謝をアップさせて太りにくくします。
イソフラボンとともに美肌効果も発揮!
おいしい水切り豆腐レシピで、ダイエット&美肌をかなえましょう。

夕食でボリューム満点 豆腐おかずレシピ

下味をつけると仕上がりのおいしさアップ

 豆腐料理といったら、冷奴や麻婆豆腐などマンネリになりがち。そこで、毎日飽きずに食べられるレシピを紹介します。

 前回紹介したのは、豆腐を使った朝食にぴったりのレシピ。今回は、夕食向きに食べ応えのある主菜に豆腐をアレンジした、簡単に作れる「ホイル焼き」と「ショウガ焼き」を紹介しよう。

 豆腐は、そのままだと独特のにおいがあり、味わいも淡白。そこで、「炒めたり、焼いたりする前に豆腐に塩や醤油で下味をつけると、おいしさがアップします」と豆腐料理の著書を持つ、食生活アドバイザーの汲玉さん。合わせ調味料に漬け込んだショウガ焼きは冷めてもおいしく、お弁当にも使えるから重宝する。

 最後は、箸休めにいい、豆腐たっぷりサラダ。練りゴマの香りとコクが、豆腐とひじきのおいしさを引き立てる。

A.キノコの食物繊維がとれ、醤油バターで食べ応えも◎ 「豆腐のホイル焼き」

  • 調理時間20分
  • 1人分178kcal
  • たんぱく質11.0g
材料(2人分)
  • 木綿豆腐……1丁
  • 長ネギ……1本
  • シメジ……50g
  • だし昆布……5cm角
  • 酒……大さじ1
  • バター……大さじ1
  • 醤油……少々
  • 塩・コショウ……少々
作り方
  • (1)木綿豆腐は水を切り、半分の長さに切ってから厚さも1/2に切り、塩・コショウをまぶす。シメジは石づきを取ってほぐし、熱湯を回しかけ、塩少々(分量外)を振る。長ネギは2cmの長さで斜め切りにする。
  • (2)長さ30cmのアルミホイルを2枚用意し、バター半量をそれぞれ塗る。だし昆布を敷いて、(1)の木綿豆腐、シメジ、長ネギの順にのせ、酒を振りかける。残りのバターを散らし、ホイルの口をしっかり閉じる。
  • (3)オーブントースターで約15分焼き、ホイルを開いて醤油で味を調える。
アドバイス

 ネギのシャキシャキ感が好みなら時間を短縮して。オーブンの代わりにフライパンで焼いてもOK!


B.冷え太り対策にお薦め お酢の力で疲れにも効く 「豆腐のショウガ焼き」

  • 調理時間15分
  • 1人分167kcal
  • たんぱく質11.4g
材料(2人分)
  • 木綿豆腐……1丁
  • A
      ショウガ(すりおろし)……小さじ1
      醤油……大さじ2
      酒……大さじ1
      バルサミコ酢……大さじ1/2
      ハチミツ……大さじ1
作り方
  • (1)木綿豆腐は水を切り、長さと厚さを1/2に切る。
  • (2)バットなどにAを入れて混ぜ、ペーパーで水分を軽くふいた(1)の木綿豆腐を30分漬け込む。
  • (3)魚焼きグリルかオーブンで両面にこんがり焼き目が付くまで約10分焼く。

※調理時間に、合わせ調味料に漬け込む時間やヒジキ、高野豆腐を戻す時間は含まれていません。

アドバイス

 バルサミコ酢は穀物酢でもOK。フライパンに油を入れて温め、中火で2~3分焼き付けてもいい。

1/3 page

最後へ

次へ

BACK NUMBERバックナンバー

バックナンバーをもっと見る

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 長年の悩み「腰が痛い」を解決する

    男女とも非常に多くの人が悩むのが「腰痛」だ。ぎっくり腰のように、痛みは強いが原因が分かりやすいものは対策しやすいが、問題なのは原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう慢性腰痛。長年にわたって悩む人も少なくない。だが、この10年で腰痛治療は大きく変わった。

  • 痛風・尿酸値の「そこが知りたい」

    多くの男性が気にする「痛風」、そして「尿酸値」。「プリン体を抑えた発泡酒などを選べばいい」「魚卵、レバーはダメ」など、いろいろな“常識”が知られているが、これらの常識がすべて正しいわけではない。

  • 放置は厳禁! 「脂肪肝」対策の新常識

    肝臓は生命維持に欠かせない臓器で、実にさまざまな機能を担っている。だが、肝臓は「沈黙の臓器」だけあって、肝機能関連の数値がちょっと悪くなったくらいでは症状は現れない。「とりあえず今は大丈夫だから…」と放置している人も多いかもしれないが、甘くみてはいけない。本テーマ別特集では、誰もが正しく知っておくべき「肝臓の新常識」をまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間
明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.