日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

からだケア

体の滞りと心の凝りをとる ヨガ式自然呼吸ストレッチ

森の木々になりきって揺れ 心の凝りをとる 「樹木呼吸法」

STEP2 イメージを働かせる

 

 呼吸を浅くしているのは、体の凝りだけではない。「心の凝り」も、深い呼吸を妨げている。

 例えばあなたが、どうにも苦手だと感じている人と話をする様子を思い浮かべてみよう。想像するだけで、胸やお腹の奥の方がギューッとイヤな感じに凝り固まってこないだろうか。

 こんなふうに、心の中に不快な感情のしこりがあると、筋肉だけをほぐしてもなかなかリラックスできないことがある。こういうのが「心の凝り」だ。

 ストレスフルな現代では、だれでも何かしらそんなしこりを抱えている。それをほぐすのが「樹木呼吸法」。1本の木になった気分で、枝を広げたり、風に揺られるように体を動かす。

 「なぜそんなことが効くの?」と思うだろうけれど、とにかく動きをまねしてみて。なるべくゆっくりと柔らかく動くのがコツ。繰り返しているうちに何となく「自分が木になったような気分」という感覚が、ふっとつかめるかもしれない。それが樹木呼吸法のポイントだ。

 「自然の樹木をイメージすることで、実際に自然に触れたときのようにリラックスできる」と、龍村ヨガ研究所所長の龍村修さん。そういうイメージ力を育てるのが目標だ。

 「慣れてくれば、満員電車の中でも青空をイメージしてゆったりくつろげる」(龍村さん)。そんな境地を目指して、取り組んでみよう。

メソッド7 小さな双葉をイメージしながら、発芽のポーズ

 地面に埋まった種が、ゆっくりと根を伸ばし、小さな双葉が生えてくる様子をイメージして。体の力を抜き、リラックスして体を自由に動かしていこう。

(1)根が生えていく様子をイメージしてみよう
おへその下あたりにある種が、地中に向かって根を伸ばす様子をイメージしながら、ひざを曲げ、手をゆっくりと柔らかく下ろし、息を吐く。
[画像のクリックで拡大表示]
(2)息を吸いながら伸びる双葉をイメージ
手を下ろしきったら、今度は伸びる双葉をイメージして両腕をふわーっと上げ、ゆっくりと息を吸う。これを5~10回ほど繰り返す。
[画像のクリックで拡大表示]
期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について