日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

からだケア

朝夜3分 ヨカ式脱力ストレッチで体と心の凝りほぐし

いつでもどこでも体をほぐせる指ヨガを覚えよう

手や指を動かすだけ全身がほぐせる!

 

体を動かす時間がとれない人や、寝っ転がる場所がないという人でも、簡単に体のケアをできるのが「指ヨガ」だ。体が少し凝ってきたなと思ったら、いつでもどこででも手の指をほぐす習慣をつけてみよう。

体は動かしたくないという人にこそ最適!

 これまで3回に渡って紹介してきたヨガ式脱力ストレッチの仕上げは、手と指を使ったメソッド。リフレクソロジーなどで足が全身の反射区になっていることはよく知られているが、実は手にも反射区がある。それをうまく活用して、手軽に体をほぐしてみよう。

 手のひらは体の正面、手の甲は体の後ろ側の反射区。「手は、全身の縮図になっていると考えられている」(龍村さん)。下は、左手の関連部位を表した図。両手両足を上げた人のような形になっており、手のひらが体の正面、手の甲が体の背面を表す。右手はちょうど左手とは左右反転した形になっている。「気持ちいいと感じるくらいの強さでマッサージして。凝りがほぐれてくるのがわかるはず」と、龍村ヨガ研究所所長の龍村修さん。

[画像のクリックで拡大表示]

首、肩凝り解消

 指ヨガでは中指は、頭から背骨、腰にかけての反射区だと考えられている。この中指を第1関節から付け根まで、丁寧にほぐして回すことで、首や肩の凝りがほぐれ、背骨のゆがみも解消できるとされる。

[画像のクリックで拡大表示]
期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について