日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

スポーツ・エクササイズ

Gooday 通信

「絶対に成果が出るウォーキング」はここが違う!

カギは「歩数」や「時間」ではなく「運動強度」だった

 日経Gooday編集部

 皆さん、明けましておめでとうございます。新しい年を迎え、何か運動を始めようと思っている人や、年末年始の運動不足を解消したい、と思っている人も多いかもしれませんね。そんなとき、もっとも手軽に始められるのが「ウォーキング」です。

 これまでほとんど体を動かしていなかった人であれば、散歩程度のウォーキングでもある程度のカロリー消費、血行促進などの効果が期待できます。ただし、健康のために体力を増強しよう、脂肪を落とそう、という目的であれば、ただ漫然と歩いていたのでは成果はなかなか得られません

 そこで今回は、2017年に大好評をいただいた、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さん監修による特集「絶対に成果が出るウォーキング」(執筆:松尾直俊=フィットネスライター)のエッセンスをご紹介します。

運動強度の足りないウォーキングはいくらやっても意味がない

 「私は趣味でランニングをしますが、その最中にウォーキングをしている人にも多く出会います。そのたびに『ああ、アドバイスしたい!』という衝動にかられることがあるんです(笑)。なぜかというと、ほとんどの人の歩き方が、運動強度が低いのです」。そう話す中野さん。

 中野さんが「運動効果が期待できない」と話すウォーキングの典型例は、「猫背気味で下を向きながら、小股でちょこちょこ歩く」。また、「仲間とおしゃべりをしながら、買い物や散歩の時と変わらない速度で歩く」もNGです。「そうした歩き方だと、残念ながら、いくら歩いても、何年続けても、運動という意味での効果はほとんど期待できません」と中野さん。

図1 運動効果が期待できないウォーキングの典型例
[画像のクリックで拡大表示]

 どんな運動でも、脂肪を燃焼させたり、持久力を高めるといった効果を得るためには、ある程度の「強度」が必要。ウォーキングを「運動」として行うには、「お散歩感覚」を捨てて、完全に意識を切り替える必要がある、と中野さんは指摘します。

日経Gooday マイドクター 会員限定記事が読み放題! 新春キャンペーン 2月末まで無料! ご登録は1月末まで

マイドクターで相談!

24h、健康相談と医療機関の案内

メンタルヘルス相談(時間制限あり)

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について