日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > Gooday 通信  > 不調を撃退! 男性ホルモンが出る生活を送ろう
印刷

Gooday 通信

不調を撃退! 男性ホルモンが出る生活を送ろう

食事、飲酒、運動などの習慣を見直す

 日経Gooday編集部

 この年末年始、食べ過ぎ・飲み過ぎで調子が悪いという方もいらっしゃるでしょう。ただ、それ以前からなんとなく体調が優れない、イライラする、夜中に目が覚めてしまう、ということはないでしょうか。それは、加齢とともに避けられない「男性ホルモン低下」が原因かもしれません。

 男性ホルモンは、日ごろの食事や飲酒、運動、趣味などの生活習慣と大きく関係しています。年の始まりを期に、これまでの習慣を見直し、「男性ホルモンが出る」生活を送り、はつらつとした自分を取り戻しましょう。

脳梗塞や心筋梗塞につながる恐れも

いつまでもはつらつとした生活を送るには、「男性ホルモン」が欠かせない。 (c)stylephotographs -123rf

 男性ホルモンは、人生の後半戦に入った男性が、その後の人生を健やかに、そして長く生きるための重要な鍵となる存在です。近年の研究では、男性ホルモンが少ない人は脳梗塞心筋梗塞などの疾患リスクが上がることも分かってきています。さらに、がんに罹患する割合も上がるそうです。

 それでは、いつごろ、どのように「男性ホルモン低下」は起こるのでしょうか?

夜中トイレに起きたら「男性ホルモン低下」を疑え!

 男性が年齢とともにどんな体の不調(変調)を感じるようになるのかについて、日経Goodayの読者にアンケート調査を実施したところ、「尿意で夜中に起きてしまう」と答えた人が最も多く、38.1%に上りました。それに、「午後眠くなる」(34.7%)、「ED、朝立ちがない」(27.8%)などが続きました。

 いつごろから不調を感じるのかというと、「50代前半」が最も多いという結果になりました。グラフにすると、50代前半で「ガクン」とくることが分かります。

年齢別「とくに変調はない」と答えた人の割合
「とくに変調(不調)はない」と答えた人の割合を年齢構成ごとにグラフにしてみると、40代後半が26.7%であるのに対し、50代前半は7.9%と、ガクンと減っていることが分かる。(カッコ内の人数は、今回のアンケートで「年齢」についてそれぞれ「40代後半」や「50代前半」などと答えた人の数)
[画像のクリックで拡大表示]

 日本Men's Health医学会理事長で順天堂大学大学院・泌尿器外科学教授の堀江重郎さんは、「もし50代前半の人で、夜中におしっこに起きるようになったら要注意です。男性ホルモン(テストステロン)が減少している可能性があります。これは自分で判断できる簡単な基準です」と言います。

1/4 page

最後へ

次へ

BACK NUMBERバックナンバー

バックナンバーをもっと見る

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 長年の悩み「腰が痛い」を解決する

    男女とも非常に多くの人が悩むのが「腰痛」だ。ぎっくり腰のように、痛みは強いが原因が分かりやすいものは対策しやすいが、問題なのは原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう慢性腰痛。長年にわたって悩む人も少なくない。だが、この10年で腰痛治療は大きく変わった。

  • 痛風・尿酸値の「そこが知りたい」

    多くの男性が気にする「痛風」、そして「尿酸値」。「プリン体を抑えた発泡酒などを選べばいい」「魚卵、レバーはダメ」など、いろいろな“常識”が知られているが、これらの常識がすべて正しいわけではない。

  • 放置は厳禁! 「脂肪肝」対策の新常識

    肝臓は生命維持に欠かせない臓器で、実にさまざまな機能を担っている。だが、肝臓は「沈黙の臓器」だけあって、肝機能関連の数値がちょっと悪くなったくらいでは症状は現れない。「とりあえず今は大丈夫だから…」と放置している人も多いかもしれないが、甘くみてはいけない。本テーマ別特集では、誰もが正しく知っておくべき「肝臓の新常識」をまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間
明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.