日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

からだケア

Gooday 通信

寒い冬 サッと寝入ってパッチリ目覚めるためのワザ

夜の入浴と朝の光ですっきり快眠、帰宅電車での居眠りと晩酌に要注意

 稲川哲浩=日経Gooday

 寒さが厳しくなってくると、暗くて底冷えのする朝はなかなか布団から出られませんよね。夜も体が冷えきっていたりすると寝付きが悪く、快適な睡眠を得るのがなかなか難しい季節です。

 そこで今回は、寒い冬の快眠に役立つ記事をピックアップ。紹介されているノウハウを基に、快眠を得るための生活習慣をまとめてみました。

就寝1時間前までの入浴で、寒い冬でもスッキリ快眠

寝る前のお風呂は寝つきと睡眠の質を良くしてくれる。(©Anatoly Maslennikov/123RF.com)

そもそも、寒いと寝付きが悪くなるのはなぜでしょうか? 足利工業大学睡眠科学センターの小林敏孝教授によると、「眠るときは本来、体をリラックスさせる副交感神経が優位になりますが、寒いと逆に体を緊張させる交感神経が高ぶるため、寝つきが悪くなります」とのこと。そこで、小林教授が冬の快眠対策として一番に薦めるのが「入浴」です。

“ぐっすり効果”を得る入浴法には、それなりのコツがあります。それは、湯船への浸かり方と、入浴のタイミング。さて、就寝のどれくらい前に入っておけばいいのでしょうか?

睡眠不足でも、帰りの電車で寝るのはご法度!

入浴に加えて気をつけたいのは、仕事からの帰りの電車での過ごし方です。1日の疲れがたまっているので、座席が取れるとついウトウトしがち。しかし、この至福のお眠りタイムが帰宅後の睡眠の質を悪化させかねないことをご存知でしょうか?

国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所精神生理研究部の三島和夫部長が、帰りの電車での仮眠がNGである理由を、わかりやすく説明してくれます。

意外? ブルーライトを浴びれば目覚めスッキリ

冬場の朝の起床がつらい方にぜひ活用してほしいのが、体内時計の周期を整える効果がある「青色光(ブルーライト)」。ブルーライトは可視光線の中で最も波長が短く、日光に多く含まれています。でも、ブルーライトを活用するといっても、どうすれば??? 杏林大学医学部精神神経科の古賀良彦教授が、家庭で簡単にできる具体的な対策をアドバイスします。

怖い「寝酒」。入眠効果は一時的で、うつのリスクも

寝酒は中途覚醒を招き、睡眠の質を落としてしまう。(©lacamerachiara-123rf)

なかなか寝付けないとき、「寝酒」をあおるという人は多いのではないでしょうか。たしかに、酔いの助けを借りれば、寝入りは良くなり、深く眠れる気がしませんか?

でも、ちょっと待ってください。睡眠とアルコールとの関係に詳しい「新橋スリープ・メンタルクリニック」(東京都港区)の佐藤幹院長は、「アルコールは、睡眠全体で考えるとその質を低下させてしまいます。また、誘眠作用も一時的で、習慣化すると様々なリスクを抱えることになります」と注意を促します。寝酒が体に悪影響を与えるメカニズムを、佐藤院長がわかりやすく解説します。

 冬の快眠に役立つ実践的なノウハウの数々。サッと寝入ってパッチリ目覚めるために、ぜひご活用ください。

期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について