日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

ダイエット・食生活

Gooday 通信

忘年会シーズン! 二日酔い対策完全マニュアル

今年こそ「お酒でつらい思いはしたくない」という皆さまへ

 池田 悟=日経Gooday

 今年も「忘年会」シーズンを迎えます。忘れたいことがたくさんある方も、そうでない方も、酒豪の方も、お酒があまり得意でない方も…まぁ、結局は飲むことになるのです。例年通りに。

今年の年末は忘年会続きのハードな日程も予想される。ぜひ、万全の対策で臨みたいもの。(©TAGSTOCK2/ PIXTA)

 そして、少なからずの方が、二日酔いや記憶喪失、嘔吐などに代表される失敗を犯すのです。これもやはり、例年通りに。

 そこで今回は、読者のみなさまへのプレゼント(兼、自分への戒め)として、専門医やアルコールと体の関係に詳しい専門家たちから取材した記事を選りすぐり、「二日酔い対策完全マニュアル」としてまとめました。

 これで、今年の忘年会対策は万全です! 編集部一同、皆様の忘年会が、忘れたくなるような思い出にならないよう、切に願っております。

酔わない飲み方、7つのウソ・ホント

「空きっ腹で飲むと酔う?」「水を飲みながらお酒を飲めば悪酔いしにくい」など、巷間語られる、酔わない飲み方、二日酔いにならない飲み方が、ウソかホントかを取材を基に整理してみました。これで今年の忘年会は失態なし?

二日酔いの朝、どうすれば楽になる?

宴会の翌朝に起こる「二日酔い」について、症状軽減という観点から、世の中で知られる対処法の効果の真偽についてまとめています。

医師880人に聞く、二日酔い対策の決定版とは?

体のメカニズムに詳しい医師たちが、飲み会前に実際にどんな対策を講じているか、二日酔いになったらどう対処しているかを紹介。医師879人への独自調査の結果、意外な方法が明らかに…。

「おつまみに納豆」が酒から体を守る! 肝臓の専門医が薦める二日酔い対策

二日酔いにならない大前提は、飲み過ぎないこと。頭では理解していても、酔いも手伝ってか、「つい忘れてしまう」という方は多いはず。そこで、飲んでいる最中に気を付けたいのがおつまみの選び方。肝臓の専門医に、二日酔いを防ぐ効果が期待される注文方法などを聞きました。

忘年会のときに限って、気分が悪くなったり、前夜の記憶を無くしていたり…。それらの上手な対処法もある。(©HOJIRO ISHIHARA-123rf)

酔って気分が悪くなると、吐きたくなるのはなぜ?

酒席の最中、そしてその後に最も避けたいことの代表が「嘔吐」。せっかく飲んだ酒を「絶対に戻すまい」と堪える猛者もいたり、人によっては「醜態をさらしたくない」と我慢したりすることもあるかもしれないが、これは体にとっては良くないそうです。いざというときの対策も含めてご紹介します。

どうして酔っ払いは同じ話を繰り返すのか?

酔っ払いの行動は滑稽で突飛(とっぴ)だ。笑い上戸に泣き上戸…、怒りだしたり、奇怪な言動をしたり。もちろん、その原因は、アルコールが脳に作用するため。「どうやって家までたどり着いたのか…」「昨晩、お金払ったっけ?」といったご経験がある方は、ぜひご一読を。

期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について