日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > Gooday 通信  > 東海大医学部教授・川田浩志さん「反省はしません。その方が健康でいられるから」
印刷

Gooday 通信

東海大医学部教授・川田浩志さん「反省はしません。その方が健康でいられるから」

毎日を楽しめることが年齢に負けない第一歩です~Gooday流アンチエイジングセミナー【後編】

 

9月2日に開催された「Goodayリニュアル記念セミナーTalk&Clinic」の第2弾。会場となった日経カンファレンスルームは、仕事帰りのビジネスパーソンやシニア世代100人が集まり満席に。セミナーは全3部の構成。前回ご紹介した、プロスキーヤーで登山家の三浦豪太さんの第1部に続き、自らアンチエイジングに日々取り組む東海大学医学部教授の川田浩志さんによる第2部がスタート。続く第3部は、BSジャパン「モーニングプラス」のメーンキャスターを務める榎戸教子さんを進行役に迎えて、三浦豪太さん、川田浩志さんを交えたクロストーク。セミナー参加者から寄せられた健康に関する質問に対して、専門家としてのアドバイスも送られました。

「やる気」がなければ食事改善も運動も取り組めない

 会場で配られた分厚い資料…。その中には、たくさんのグラフや英語で記されたものもあり、セミナーの参加者たちは「これから何の講義が始まるのだろう…」と、恐々とした表情を浮かべています。そんな雰囲気の中、東海大学医学部血管腫瘍内科教授の川田浩志さんがさっそうとステージに登場しました。

会場となった日経カンファレンスルームは、仕事帰りのビジネスパーソンやシニア世代100人が集まり満席に。セミナーは全3部の構成。
[画像のクリックで拡大表示]

 「本日は持ち時間30分のところ、60枚のスライドを用意しました。日経さんの担当者から『本当にできるんですか』と3回念押しされましたが、はりきってお話ししたいと思います!」という川田さんに、会場は和みます。

 これまで27年間、血液腫瘍内科の専門医として治療に取り組んできた川田さんは、重症の患者と接するたびに、次のようなことを常々思い続けてきたといいます。

 「病気になった後に病状が進行し、『もう打つ手がない』という段階になった患者と接すると、どうにかして病気になるのを避ける方法はなかったのかと思うのです」(川田さん)

アンチエイジングはまず「メンタル改善」から

「アンチエイジングを実践するうえで、最近は、『まずメンタルありきではないか』と思うようになりました。なぜなら“やる気”がないと、何事も始められないし、続けられないからです」(川田さん)
[画像のクリックで拡大表示]

 川田さんは、今からおよそ20年前、元気で長寿を続けるための「抗加齢医学」に着目し、新しいエビデンスが発表されるたびに、自ら実践してきたといいます。「抗加齢、つまりアンチエイジングのためには、『食事』『運動』『メンタル』の3つが重要です。これまでの指導では、『まず食事の改善から始めましょう』などと話していました。ですが最近は、『まずメンタルありきではないか』と思うようになりました。なぜなら“やる気”がないと、何事も始められないし、続けられないからです」(川田さん)

 そこで、川田さんは、メンタリティーが人体にどのように影響しているのか、エビデンスとして報告されているものを徹底的に研究したそうです。こうして昨今、少しずつ明らかになってきた「真実」について、川田さんはデータを示しながら次々に解説していきます。その中から象徴的なものをご紹介していきましょう。

1/5 page

最後へ

次へ

BACK NUMBERバックナンバー

バックナンバーをもっと見る

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 長年の悩み「腰が痛い」を解決する

    男女とも非常に多くの人が悩むのが「腰痛」だ。ぎっくり腰のように、痛みは強いが原因が分かりやすいものは対策しやすいが、問題なのは原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう慢性腰痛。長年にわたって悩む人も少なくない。だが、この10年で腰痛治療は大きく変わった。

  • 痛風・尿酸値の「そこが知りたい」

    多くの男性が気にする「痛風」、そして「尿酸値」。「プリン体を抑えた発泡酒などを選べばいい」「魚卵、レバーはダメ」など、いろいろな“常識”が知られているが、これらの常識がすべて正しいわけではない。

  • 放置は厳禁! 「脂肪肝」対策の新常識

    肝臓は生命維持に欠かせない臓器で、実にさまざまな機能を担っている。だが、肝臓は「沈黙の臓器」だけあって、肝機能関連の数値がちょっと悪くなったくらいでは症状は現れない。「とりあえず今は大丈夫だから…」と放置している人も多いかもしれないが、甘くみてはいけない。本テーマ別特集では、誰もが正しく知っておくべき「肝臓の新常識」をまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間
明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.