日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

からだケア

Gooday 通信

三浦豪太さん「三浦家のカラダ哲学は『できない理由より、できる理由を考えよ』」

父・雄一郎のエベレスト挑戦に学ぶ Gooday流アンチエイジングセミナー【前編】 

 

9月2日に開催された「Goodayリニュアル記念セミナーTalk&Clinic」の第2弾。会場となった日経カンファレンスルームは、仕事帰りのビジネスパーソンやシニア世代100人が集まり満席に。セミナーは全3部の構成。第1部は、父・三浦雄一郎さんとともに親子でエベレスト登頂を果たしたプロスキーヤーで冒険家の三浦豪太さん、第2部は、自らアンチエイジングに日々取り組む東海大学医学部教授の川田浩志さんによる講演。続く第3部は、BSジャパン「モーニングプラス」のメーンキャスターを務める榎戸教子さんを進行役に迎えて、三浦豪太さん、川田浩志さんを交えたクロストークとセミナーの内容は盛りだくさん。まずは、トップバッターの豪太さんの講演をお届けします。

「人生、勝負どきに100%の状態で出られると思ったら甘い!」

 セミナー第1部、プロスキーヤーで冒険家の三浦豪太さんによる講演テーマは「三浦家のカラダ哲学『できない理由より、できる理由を考えよ』」。

「Goodayリニュアル記念セミナーTalk&Clinic」は全3部という充実の内容。
[画像のクリックで拡大表示]

 会場では講演に先立ち、2013年にエベレスト登頂の際の緊迫した映像が流されました。

 「こんばんは!」と少年のような元気いっぱいの呼びかけで登場した豪太さんは、「今日はみなさんに、アンチエイジング法というよりも、いつまでも元気を保ち続けるための精神的な話をしてみたいと思います」と切り出しました。まずは自らがフリースタイルスキーのモーグル選手だった頃のエピソードから話が始まります。

第1部の三浦豪太さんによる講演に先立ち、会場では2013年に親子でエベレストを登頂した際の秘蔵映像が公開された。
[画像のクリックで拡大表示]

 豪太さんは1991年より競技を始め、リレハンメル五輪、長野五輪の出場も果たしています。リレハンメル五輪では3回に渡る最終選考会が行われましたが、2回目のときに「代表になりたい」と気負うあまり、大転倒してすねを強打。筋膜が破れて大出血をしてしまったといいます。激痛は治まらず、脚が腫れてスキー靴も履けない状態で、選考会前日に米国から日本にいる父・雄一郎さんに電話をかけたそうです。そこで交わされた会話は次の通り。

雄一郎さん 「おう、豪太か、脚の具合はどうだ?」

豪太さん  「とてもじゃないけど明日の試合には出られないよ…」

雄一郎さん 「折れてるのか?」

豪太さん  「いや、折れちゃいないけど」

雄一郎さん 「折れてないなら、やけのやんぱちで滑ればどうにかなる! 人生、必ずしも勝負時に100%の状態で出られるなんて甘いことはない。やれるだけやれ!」

期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

マイドクターで相談!

24h、健康相談と医療機関の案内

メンタルヘルス相談(時間制限あり)

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について