日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

からだケア

Gooday 通信

放置すると怖い! 「脂肪肝」を正しく理解する

脂肪肝の人は高血圧や糖尿病などの生活習慣病を起こすリスクが高くなる

 Gooday編集部

「今は大丈夫だから」と脂肪肝を放置してはいけない!

健康診断の結果で、肝臓関連の数値が少し悪くなったくらいでは、自覚症状は出ない。だからとだからといって放置しておくのは危険だ。(©Sebastian Kaulitzki -123rf)
[画像のクリックで拡大表示]

 今や、日本人の3人に1人が「脂肪肝」といわれる時代です。ミドル以上の方なら、脂肪肝を心配している人も多いのではないかと思います。

 肝臓は「沈黙の臓器」だけあって、肝機能関連の数値がちょっと悪くなったくらいでは症状が現れません。「とりあえず今は大丈夫だから…」と放置している人も多いかもしれませんが、脂肪肝を甘くみてはいけません

 そもそも、「脂肪肝とは肝臓(肝細胞)に脂肪(特に中性脂肪)が蓄積した状態のことです。具体的には、肝臓に30%以上の中性脂肪がたまった状態を脂肪肝と呼んでいます。

 脂肪肝を放置すると、肝細胞が壊れて、長期的には正常な細胞が減少してしまう可能性があります。これが肝機能の低下です。そして肝機能が低下すると、肝硬変、さらには肝臓がんに至る可能性があります

 ここまではご存じの方もいると思いますが、現在では、脂肪肝はさまざまな病気の入口になるということもわかってきています。脂肪肝の人は、高血圧や高脂血症、糖尿病などの生活習慣病を起こすリスクが高くなるのです。さらに、動脈硬化が進行し、心臓病や脳卒中を発症するリスクも高くなります。糖尿病になると認知症リスクも高くなる――というように、脂肪肝を放置すると、さまざまな病気を誘発する“負のスパイラル”が起こる可能性があるわけです。

脂肪肝はかつては、深刻な病気とは考えられていなかった。しかし、最近では、さまざまな病気の入口になることがわかってきている
[画像のクリックで拡大表示]

 脂肪肝を放置し続けると、取り返しのつかないことになってしまう可能性があります。そこで今回の記事では、知っておきたい肝臓の新常識から脂肪肝の対策までをまとめました。

日経Gooday マイドクター 会員限定記事が読み放題! 新春キャンペーン 2月末まで無料! ご登録は1月末まで

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について