日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

からだケア

Gooday 通信

社内実施担当者必見! 「ストレスチェック」の疑問に答えます

中小企業における「ストレスチェック」のより良い運用と活用を考える(後編)

 氏家裕子=ライター

 2017年6月30日に開催された日経Goodayの特別セミナー「中小企業における『ストレスチェック』の運用と活用を考える」では、外部実施事務従事者として約70社のストレスチェックに関わったネオシステム社のEAPコンサルタント宮川浩一さんと、都内20社で高ストレス者面接に対応した産業医で精神科医の奥田弘美さんが登壇しました。
 前編に続き、今回の後編では、質問コーナーの様子をご紹介します。セミナー参加者の悩みに答えました(進行役は日経Gooday編集長、寺西 芝)。

高ストレス者を見抜くため普段からするべきこと

今日はお集まりいただきありがとうございます。会場で「質問カード」をお配りしたところ、大変多くの質問をいただきました。では、さっそくご紹介いたします。まず最初の質問です。「面接を申し入れないけれどストレスを抱えている人を察知する有効な方法があれば教えてください」という質問ですがいかがでしょうか。

セミナー後半では、参加者からの質問に登壇者が答えた。
[画像のクリックで拡大表示]

宮川さん そもそもは職場の中では管理監督者の方々による安全配慮義務の履行が求められていて、その中でいかに早期に部下の不調に気付くかはよく言われていることだと思います。日ごろの声掛けがあるか、相談しやすい体制を作っているか、コミュニケーションはどうなっているかがベースに必要です。管理職層に限らず、同僚の立場でもそうですが、気付いたらそのままにしないこと。そこに加えてストレスチェックをどのように活用するかという観点で考えていただくのがいいかと思います。

奥田さん 社員がコミュニケーションを取っているかどうか、そして、上司が見抜く目を持っているかが重要です。ラインケア教育(*1)とセルフケア教育は、毎年の同じような内容でも繰り返すことでストレスのIQを高めていきます。そうすれば、勤怠不良が発生している、あるいは、業務効率が落ちているところから声掛けが始まる気がいたします。

[画像のクリックで拡大表示]
*1 ラインケアとは、管理職などが職場環境等の改善や個別の指導・相談を行うこと。
期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について