日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

からだケア

Gooday 通信

シニアの2人に1人は週1回ウォーキングを実施

ウォーキング人口は過去20年で2倍に増加、ここ数年は微減傾向

 日経Gooday編集部

 ウォーキング人口は過去20年で2倍に増加しており、特にシニア層が牽引している――。近年のウォーキング習慣の実態が笹川スポーツ財団の調査結果から明らかになった。

健康志向の高まりから、ここ20年で散歩・ウォーキング人口は2倍に増えた。(c)PaylessImages -123rf

 笹川スポーツ財団は昨年6月~7月に、全国の18歳以上の男女3000人を対象にした『スポーツライフに関する調査2016 』を実施した。同財団は9月14日、敬老の日を前に、高齢者を含む成人の散歩・ウォーキングの実施状況について、過去20年間の推移と年代別の分析結果を発表した(発表資料はこちら)。

 それによると、散歩・ウォーキングを年1回以上の実施する人の比率は、2016年で44.2%、推計人口は4592万人となった。1996年の実施率は22.3%、推計人口は2141万人なので、ほぼ2倍に増えていることになる。

 ただし、散歩・ウォーキングの実施比率は、2010年の47.5%をピークに緩やかな減少傾向にある。また、週1回以上散歩・ウォーキングを実施する人の比率は、2016年で32.5%(推計人口で3376万人)となっている。こちらも2010年以降、緩やかな減少傾向にある。

年1回以上「散歩・ウォーキング」を実施している比率と推計人口の推移
推計人口は、各年の住民基本台帳人口に実施率を乗じて算出(※笹川スポーツ財団「スポーツライフに関する調査報告書」(1996~2016)より)
[画像のクリックで拡大表示]
期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について