日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > Gooday 通信  > こんなところでも「ローカーボ」! 外食チェーンでも手軽に実現
印刷

Gooday 通信

こんなところでも「ローカーボ」! 外食チェーンでも手軽に実現

メタボやダイエットに効果あり! しかし極端な糖質制限には注意

 日経Gooday編集部

生活習慣病対策やダイエット法として話題になっているローカーボ(ロカボ、糖質制限)。最近では、外食チェーン店などでも手軽に実現できるようになってきた(©PaylessImages -123rf)
[画像のクリックで拡大表示]

 今、「ローカーボ」(ロカボ)」が大ブームになっています。去年くらいまでは、ローカーボ対応の食品というとまだ珍しい存在でしたが、今年になって急増して、今では普通に手に入るようになりました。

 ご存じの方も多いと思いますが、ローカーボとは、低糖質(糖質制限)のこと。例えば、食事で「ごはん」や「麺」などの摂取量を抑えて、摂取する糖質を少なくするという健康法です。生活習慣病の対策やダイエットの実現手段として、今注目されています。

 以前は、油や脂肪のとりすぎを控えるという「ローファット」が主流でしたが、ここ10年で糖質の摂取比率を減らす「ローカーボ」が台頭してきました。これには、ローファットがダイエットや病気予防に必ずしもつながっていないということが、最近の研究により明らかになってきたという背景があります(詳しくはこちらの記事をご参照ください)。

 そこで今回の記事では、最近のローカーボ事情と、ローカーボ・ダイエットを実践する際に気を付けたいポイントをまとめました。

大阪では定番? 4人に1人が1日1食は“主食の重ね食べ”

 8月初旬には、大阪府が府民の4人に1人以上が1日1回「お好み焼き+ごはん」などのように“主食の重ね食べ”をしていることを発表。これがニュースで報じられて話題になりました。ここでも「太めの人ほど重ね食べの頻度が高い」傾向が確認されています。これこそまさに、糖質の摂り過ぎによる弊害です。

外食でもローカーボを手軽に実現できるように

 ごはんを減らすだけならこれまでもできましたが、最近では“糖質そのものが少ない”麺やパンなどが続々と開発されています。課題だったおいしさも大幅に改善しています。「健康にいい=おいしくない」という構図が崩れ、「しっかり食べても糖質摂取を抑えられる」ようになったのが大きなポイントです。「え! こんなものまで!」と驚くものまでローカーボ対応しています。パンやお酒はもちろん、カップラーメンから、甘さが命のスイーツまで実にさまざまです。

「低糖質」派に朗報! ファミレスこそ健康志向や糖質制限に最適なのかも!?

ガストは6月から低糖質メニューの販売を開始した。身近にあるファミレスで、無理なく健康メニューが食べられるのはありがたい
[画像のクリックで拡大表示]

 今、注目なのが、外食店でのローカーボ対応です。今年6月には、すかいらーくが、同社のファミリーレストラン「ガスト」でローカーボメニューを発売しました。麺類2品、デザート2品から提供を開始。麺メニューでは、通常麺の価格に50円プラスすると「糖質0麺」に変更できます。この「糖質0麺」は、当初予想の3倍以上の注文があったそうです。

 同社の担当者は、「最近のお客様は低糖質に対して関心が高い。この動きは一時的なブームにとどまらないものになるのではないか」と話しています。すかいらーくグループでは同じ6月からジョナサンでもローカーボメニューを用意、今後はバーミヤンなどでの提供も検討するそうです。

1/2 page

最後へ

次へ

BACK NUMBERバックナンバー

バックナンバーをもっと見る

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 長年の悩み「腰が痛い」を解決する

    男女とも非常に多くの人が悩むのが「腰痛」だ。ぎっくり腰のように、痛みは強いが原因が分かりやすいものは対策しやすいが、問題なのは原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう慢性腰痛。長年にわたって悩む人も少なくない。だが、この10年で腰痛治療は大きく変わった。

  • 痛風・尿酸値の「そこが知りたい」

    多くの男性が気にする「痛風」、そして「尿酸値」。「プリン体を抑えた発泡酒などを選べばいい」「魚卵、レバーはダメ」など、いろいろな“常識”が知られているが、これらの常識がすべて正しいわけではない。

  • 放置は厳禁! 「脂肪肝」対策の新常識

    肝臓は生命維持に欠かせない臓器で、実にさまざまな機能を担っている。だが、肝臓は「沈黙の臓器」だけあって、肝機能関連の数値がちょっと悪くなったくらいでは症状は現れない。「とりあえず今は大丈夫だから…」と放置している人も多いかもしれないが、甘くみてはいけない。本テーマ別特集では、誰もが正しく知っておくべき「肝臓の新常識」をまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間
明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.